っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
完敗、、、京都戦
2005年04月23日 (土) | 編集 |
首位独走中の京都をこれまで無敗の小瀬に迎え撃ち、
連勝をストップさせ、J1昇格を「目標」にしておきたかった
甲府ですが、、、、onz。

    鶴田
津田 青葉 織部 杉山
水越 倉貫 藤田 石原
   太郎 バレ

小倉・池端はベンチ入りもしてませんでした。なにかあったのか?
ファンタジスタ青葉は久々のスタメンでした。

前半、風下となった甲府は慎重な立ち上がりで、決定的なチャンスはありませんでしたが、京都にも攻撃の形を作らせず、前半20分までは、甲府ペースであったと思います。

24分。中盤のプレスが甘くなったところで、京都MF斉藤がミドルシュートを放ちました。鶴田はとれそうなポジションだったのですが、そのとき右から飛び込んだ甲府DFの素晴らしいヘディングシュート! 直前で方向を変えられた鶴田は一歩も動けず。決まってしまいました。
ヘディングシュートっていうのは、こうやるんだ見たいなファイン(オウン)ゴールでした。

不運な形での失点でしたが、流れとしては悪いものではなく、
同点になりそうな雰囲気はありました。
とどめをさされたのは、33分の美尾のスーパーミドルシュート。
あそこから決められてはしかたありませんが、プレスかかってませんでした。この2点目は痛かった。

2ー0の試合は次の3点目がどちらに入るかで、流れががらっと、変わります。甲府は後半立ち上がりから、積極的に攻撃しますが、
バレーは宇宙開発。
甲府がやや前掛りになったところで、京都にカウンターからアレモンにみごとなシュートを決められてしまい3ー0。勝負ありました。

須藤、白尾を交代出場させましたが、完封されました。

1点目は不運でしたし、2点目も美尾をほめるべきですが、
順位の差というか、チームの力の差を実感させられた試合でした。

ファンタジスタ青葉には酷な結果となりましたが、池端の穴はとても大きかった。
結果のなかなか出せないバレーよりも須藤にチャンスを与えたほうがよいのではと思いました。
急務なのは、攻撃がうまくいかないという問題より、
守備の立て直しでしょう。

AWAYで横浜、福岡と厳しい連戦となります。
勝ち点4以上とって、アルウィンの草津戦に戻ってきてもらいたいものです。
スポンサーサイト
# | 2005/04/23 19:33 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。