っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
チームとの距離感
2005年04月20日 (水) | 編集 |
J1復帰を目指し、ベルデニック監督を契約半ばで解任し、
新監督として都並さんを招聘した仙台ですが、
苦戦しています。次節草津に負けると最下位です。

前節の試合後、スタジアムに残ったサポーターの前で、
都並監督自らが説明?意見表明?をしたとのこと。
その前後にサポーターの何人かがグランドに飛び下りて
処分されたとのこと。
(仙台サポはよく飛び下りる印象がある。去年の小瀬でもやってました。)
仙台系のサイトでは都並監督解任論が盛んです。

このページを見ているようなサポ入っている人々には
なんら違和感がない出来事だと思いますがどうでしょう。
甲府もヘイス監督当時、出待ちのバスを囲んだりなんていうこともありました(遠い目。。。)

応援しているチームが成績不振なとき、サポーターは行動します。
直接行動に出る人、応援しないことで意志を表明する人、
webで論陣を張る人、様々です。
行動することで、チームを良くしていけると信じて。
サポーターとしては当然のです。
(って、思った人は確実に「サポ化」"supporterized"されてます。)

プロ野球で巨人が開幕ダッシュに失敗し低迷していますが、
堀内監督が観客(この言葉自体が非サポーター)の前で釈明します?
選手のバスを囲みます?グランドに飛び下ります?

善くも悪くも、プロ野球に比べ、サッカーではサポーターとチームの距離が近い。
かなり近い。本当に近い。
Jリーグでは歴史が浅い、規模が小さいということがあるかもしれませんが、
ヨーロッパのリーグを見ると本当に生活の一部となっていて、サポーターにとって「自分達のチーム」という思いは強い。
この近さがサポーターの喜びでもあり苦しみでもあります。

J1で最下位、未だ勝ちがない清水。生え抜きの長谷川監督を迎えながらも、もがいています。
地元に密着したチームであるだけに、いまのところサポーターは長谷川監督を支持しているようです。
清水のサポーターは、チームとの距離が近い分、現状に苦しんでいるかもしれませんが、
その分、結果が出た時の喜びも大きいと思います。
(お世話になった(っている)清水と入れ替え戦なんてことにならないよう、がんばってほしいものです。)

一方、早くも松永監督を解任した神戸。
こちらは楽天のチームっていう印象が強くなってしまいました。
プロ野球的というか、「我々のチーム」という印象が希薄です。
ヴェルディなんかもそんな印象です。大きなチームになれば
なるほど、チームとサポーターの距離が開いてていく。
しかし浦和のようにビッグチームとなりながらも、サポーターとの距離が非常に近いチームもあり、チームの大きさというよりも、チームのあり方・存在の仕方が、距離を決めているように思えます。






スポンサーサイト
# | 2005/04/20 12:25 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。