っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
夢うつつ vs仙台
2009年07月26日 (日) | 編集 |
試合開始前に「輝く夜空」を歌ってしまい、いや~な予感がしていたのだが、、、、

守備が固い仙台相手に、限られるであろうチャンスをいかに決めるかが、
ポイントとなる試合だった。

甲府のファーストチャンスをお膳立てしたのが、初スタメンとなった片桐。
マラニョンの絶妙のアシストをガウボンが待望の初得点。
ここまではとてもよかったのだが、、、

仙台のプレスが半端なかった。
前半10分からはず~~~と仙台に攻められていたような気がする。
石原がいないためか、甲府は中盤でボールがキープできない。
仙台の中島&梁の動きが良すぎた。。

そんな状況ながら、前半を1:0で折り返せたのは
山本&ダニエルのCB2名を欠く甲府の守備陣のがんばりのおかげ。
なかでも、スーパーセーブを連発した荻には鳥肌が立った。

後半、なんとか中盤でボールを失わなくなり、甲府にも
チャンスがうまれるようになったかと思われたが、
連戦の疲れか、甲府の選手の動きが今ひとつ。
再び仙台の攻勢を受け続けることになる。
ピンチが続いたDFを安定させたのが、途中交代で入った林。
やはり「さすが」というところでしょうか。

そんななかで生まれた絶好のカウンターのチャンス。
片桐のシュートがポストを直撃したときには、頭を抱えた。
これを決めないと同点にされちゃうぞ、といや~な予感がしたのだが、
そのとおりに84分にCKからエリゼウにヘディングで決められる。
津田がついていたのだが、、、

そのCKになったのが、なにかおかしな経過であったためか、
甲府の選手達の集中が切れたようにも見えた。

輝く夜空+絶好の機会を外す=良くて引き分け、へたすれば負け?
などとますますいや~な予感がしてきたところを、打ち破ってくれた
スーパーサブ國吉。残り5分で出てきて、決めてくれるとは、、、
國吉は、必ずシュートにいくし、そのシュートも枠を捉えているのが凄い。

正直、同点にされてからの試合の内容はほとんど覚えていなかった。
夢の中にいるかのような状態だった。
録画を見て、やっと國吉のゴールがああだったのかと確認できた。
金がものすごいパスを出していたのね。

しかし、仙台も諦めない。マラニョンのファールからのFKを折り返して、
ソアレスの素晴らしいシュート。決められたかと思ったところを
荻が反応した。あれは普通止められない。

さらに、ラストプレー。中原のシュートがゴール左に逸れたのは、
藤田の必死のカバーとサッカーの神様の思し召しのおかげだったのだろう。

ということで、MOMは荻。
山日で始まった連載コラムも楽しみ。

しっかし、疲れる試合だった、、、、


スポンサーサイト
# | 2009/07/26 23:29 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。