っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
監督の責任 vs徳島
2009年05月24日 (日) | 編集 |
3-1で勝つには勝ったが、いろいろと考えさせられた徳島戦。

試合後の監督インタビュー松尾さんのレポートを読むと、
前回のエントリーで書いた「秋本」がポイントになっている。

監督が庇っているとおり、徳島戦でもボランチとしての秋本のできは、
正直いま一つだったと思う。

だが、それは秋本の責任だろうか?
林が怪我でいない現状で秋本にボランチの役割を負わせているのは監督だ。

甲府の4-3-3システムにおいて、鍵となるボランチ(アンカー)の役割は大きい。
このポジションを任せられる林がいればこその、4-3-3であると言っても過言ではない。

ボールをコントロールすることで試合全体の流れを左右する、
林が「マエストロ」と呼ばれるのはこのコントロール能力があればこそ。
さらに正確なボールフィード、相手の攻撃の目を摘む的確な読みも必要だ。

秋本はいい選手だ。体格に恵まれ、あたりに強く、粘り強い。
ヘディングとときおり見せるミドルシュートも期待できる。
CBとして活躍できる能力を十分持っている。

だが、アンカーとしての資質はどうだろう。
サブが少ないJ2ではポリバレントな能力が求められると言っても、
秋本にアンカーの能力を求めるのは酷な話ではないのか?

確かに秋本がいなければ守備のタレントが減ってしまう。
セットプレーなどで高さのある相手に対応できなくなるかもしれない、
だからといって、秋本をボランチに入れるのは、
攻撃のリズムを失わせてしまう副作用のほうが大きいのではないか?

秋本の守備的な能力を生かすには、
4-3-3のシステムに無理矢理押し込む今のやり方では無理だ。

試合後のインタビューで選手を庇うのではなく、
秋本が生きるシステムを採用すべきなのではないか?
それが本来の監督の責任だろう。

松尾さんが心配していた交替後の秋本を姿を読むと、胸が痛くなる。
がんばれ秋本。
スポンサーサイト
# | 2009/05/24 13:56 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
Comment
・とにかく
ヤジする人達を減らしたい
2009/05/25(月) 12:48:25 | URL | すぎっちゃん #-[編集]
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。