っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
vsFC東京 有終の美を飾れず
2007年12月01日 (土) | 編集 |
決して好調とは言えないFC東京を相手に0-1。
善くも悪くも(悪くも悪くもか?)今季の甲府を象徴するようなゲームだった。

FWに茂原、羽地、石原。
MFは山本、大西、田森。山本・田森がダブルボランチのような形だった。
DFは井上、秋本、池端、杉山。(増嶋は怪我でキッズサッカー教室の講師をしていた。)
GKは初スタメンの桜井。

来季に繋がるメンバーということだったのか?
ベンチも御厨、山崎、林、木村、久野、國吉とちょっとフレッシュな顔ぶれだった。

前半は甲府ペース。東京にはチャンスらしいチャンスはない。
甲府には決定的なチャンスがいくつか。でも決められない。

後半は川口が交代で入ってからは、一転して東京ペース。
でもDF+桜井ががんばっていた。
そうしているうちに再び甲府がチャンスをつかむも、
(いつものとおり)決定機を決められない。
42分に、ゴール前でファール。PKを決められ0-1。
その後も甲府が攻めるも、あたっていた塩田に止められ試合終了。

最後の最後まで決定力不足に泣かされたリーグ戦だった。
結局バレーの穴を埋められなかったということか。

大木監督の人選・采配・交代も最後まで変わらなかった。

・井上・山本・大西が先発。
・トレーニングマッチで好調だった神崎をベンチにも入れず。
・後半の攻めるべきときに、(珍しく)好調だった大西に替えて山崎投入。
・前線で体を張っていた羽地に替えて木村投入。(木村も悪くなかったが、、、)
・3枚目の交代カードを切らず。

正直、大木監督の限界も思い知らされた気がする。

試合終了後に海野社長、大木監督の挨拶があった。
社長は「必ず1年でJ1に復帰します」と来年の目標をぶち上げた。
その意気込みで、今季が始まる前に「絶対にJ1に残留します」と言って、
補強をしてくれていれば、、、

大木監督、本当にお疲れさま。
相手に合わせるのではなく、決してぶれずに自分たちのサッカーをやり遂げた、
その姿勢に拍手を贈る。(結果は伴わなかったけれど)

「サッカーはエンターテイメント」
「右肩上がりで」
「迷ったら前」
「どんなときも大切なのは次の試合」
など、いろいろな名言も忘れられない。

ありがとう、大木監督。
天皇杯でのアップセットを期待している。


スポンサーサイト
# | 2007/12/01 19:42 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。