っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
vs大宮 パスサッカーの呪縛
2007年11月18日 (日) | 編集 |
このところ付き合いのよい熊さんが牛さん相手に1-1と引き分けてくれて、
勝ち点差4は変わらず。残り試合数だけが3から2へと減った。

勝つべき試合だった。
勝てる可能性はあった。
シュートは打った。
だが最後の決定力がなかった。

前半、風上に位置した甲府。
これまでに比べるとシュートの意識は高かったと思う。
積極的に打つ姿勢はあった。
池端が1本打っていたが、もっとミドルシュートがあってもよかったか、、、

問題は後半。
後半20分にアルベルトを羽地に、27分に石原をラドンチッチに替えた。
この監督の意図を選手たちは理解していたのだろうか?

ハイボールに対する大宮の守備は、それほど強いものには見えなかった。
だからこその、羽地・ラドンチッチの投入だろう。
であれば、パスを繋ぐのではなく、もっとシンプルに、
ゴール前に放り込んでもよかったのではないだろうか?

選手たちがパスサッカーに捕われすぎているとしか思えない。
もっと言えば、後半頭から羽地とラドンチッチ投入、
あるいは、スタメンでこの二人を使うという大胆な方針変更ができなかった、
大木監督がパスサッカーに捕われていたということか。

相手の弱みを突くことをしない、つねに真っ向勝負を挑む、
その姿勢は美しいかもしれないし、それが甲府の魅力でもある。
だが、勝負は勝ってこそだろう。
エンターテイメントだって勝ってこその話だろうに、、、、

まあそんな方針転換ができているようなら、いまこの順位にもいなかったか。
織田・徳川連合軍の鉄砲隊に突撃して美しく散った武田騎馬軍団ってところか。
(最近の研究ではこういった捉え方には異論があるらしいが、、、)

大宮の鋭いカウンターで、あわや失点という場面もあった。
あそこで決められて、今節で降格決定でもおかしくなかった。

だが、まだサッカーの神様は甲府に引導を渡してくれなかった。
まだ死にきれないようだ。
残り2試合。2連勝して広島・大宮が転ぶのを待つしかない。

"Heaven helps those who help themselves."
スポンサーサイト
# | 2007/11/18 22:42 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。