っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
vs徳島 天皇杯4回戦 走らない甲府はただの××だ
2007年11月04日 (日) | 編集 |
勝ったということが収穫なのか?
いや、交代した選手、大西・羽地・木村が活躍したことが収穫。

正直、後半は負けを覚悟した。
相手のミスに助けられて決勝点を奪われなかっただけ。
延長になって徳島の足が止まりなんとか勝てた。

甲府はとにかく走らない。動かないでボールを回し、
止まった状態でボールをもらうから、
ボールを奪われる。

甲府のボールになっても動き出さない。
ゴール前に2列目どころかDFからも、何人もの選手が湧くように現れた、
あの流動的な甲府の攻撃はどこにいった?

山本に替わり入った大西が走り回っていた。
彼が一人で気を吐いていたように思えた。

途中交代で入った羽地。
決定的なところで外したのはいただけないが、
きっちりと仕事をしたのはよかった。
徳島サポにブーイングされていたが、恩返しってやつだな。

これまた交代で入った木村。
シュートをちょっと躊躇したところが見られたが、
最後、思い切り良く決めてくれてよかった。
初得点おめでとう!

延長に入って、何人もの甲府の選手の足がつっていた。
こんな光景を見たのは久々だ。
走る事を思い出させてくれた一戦となってくれれば、
いいのだが。

走らない甲府はただの豚だ!
パスを回すのはそれからだ。
走れ甲府!!!

スポンサーサイト
# | 2007/11/04 17:41 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。