っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
パスサッカーの意味
2007年10月30日 (火) | 編集 |
ど素人の戯言なんでご容赦のほどを。
甲府と言えばパスサッカーなんだが、その意味を考えてみた。

先日のマリノス戦でも見られたシーンだが、
甲府の攻撃の場面では、コートの半分しか使われない。
極端な形になると、相手側半分の右か左、コートの1/4に
選手が集中している。

普通の場合(甲府以外)、攻撃はある程度幅を広げて、
ゴールを中心に左右に展開していくことが多い。
左右どちらかに偏ることがあっても、
甲府のように1/4のエリアに集中するということはない。

甲府のこの極端なシフトは、
個人能力での突破ではなく、
狭い範囲に選手を投入し、数的優位を作り、
パスを回して突破していくことを目的としている。

問題は甲府がこの極端なシフト「だけ」を行うことだ。
シーズン当初は相手側の対応が遅く、
目論見どおり、このシフトが成功していたこともあった。
だが、シーズン中盤からは、甲府のこの戦術に対する、
対抗方法ができてしまったように思える。

対抗方法は単純だ。
甲府のOF陣は、コート半分に集中している。
当初、DF陣は恐くてコート半分に集中することはできなかった。
(いつ逆側に振られるかわからないから)
だが、甲府の攻撃はいつでもコートの半分から。
だから相手DF陣は思い切って甲府のOF陣のいる側に
集中することができるようになった。

結果、甲府が望んだ数的優位は得られない。
コートの1/4に相手も含めた選手が集中するため、
パスミスも頻発する。カットされてカウンター。
いつもの失点パターンだ。

左右への素早い展開。
これが加われば甲府のパスサッカーが復活すると思うんだが、
どうだろうか?

(そんなこと言われなくても監督・選手はわかっているとは思うんだが、、、、)





スポンサーサイト
# | 2007/10/30 13:33 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
Comment
はじめまして。
パスサッカーを標榜しながらも
甲府さんと残留争いをしている
某チームサポです。
タイトルが気になったので
アンテナさんからきました。

何かの雑誌で記事を読んだのですが
あえてサイドは変えないようですよ。

密集しておけば奪われても奪い返せる。
サイドを変えたとしてもそこで突破が
見込めるような個の力は備わってないので
うちは狭いスペースで勝負する・・・
みたいな監督の言葉が記憶にあります。

2007/10/30(火) 19:44:09 | URL | RFC #-[編集]
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。