っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
vs新潟、、、攻撃システムの変更が必要だ
2007年08月29日 (水) | 編集 |
awayで衝撃の?デビューを飾った最終兵器ラドンチッチであったが、
ホーム小瀬へのお目見えは苦い結果となった。

失点はニアサイドにいた坂本への藤田のマークが一瞬遅れたためで、
DF+GKはがんばっていた。特に久々の先発となった津田は安定していた。
前がかりになる甲府の戦い方で1失点はやむを得ないと思う。
(ただ山本の守備が不安定だったことは否めない)

問題は攻撃だ。点が入る感じがしない。
茂原はいいプレーもあったが、まだ本調子ではない。
須藤は、、、以前の須藤に戻ってしまった。
宇留野は集中していなかった。今日のようなプレーなら交代したほうがいい。
藤田は(攻撃面では)よくやっているように見えた。ただFKはもっと大切にしてほしい。
石原はもっとシュートの意識を持ってほしい。

後半10分で須藤に替わりラドンチッチ登場。
唯一ラドンチッチには得点の香りがした(香りだけだったけど)。
ポストプレーもでき、打点も高い。シュートも積極的に打った。
彼をもっと生かすシステムが必要だ。

個人の能力に頼るのは、大木監督が築き上げてきた甲府の戦術とは
相容れないものだとは了解している。
しかし、このままでは16位も厳しいと思う。自動降格だ。
せっかくのラドンチッチの能力を生かさないのは納得いかない。
少なくともラドンチッチ投入後は、
彼を中心としたシステムに変更すべきではないのか?
(極端な話。羽地とのtwo topで放り込みでもいいじゃないか。)

その後山本を下げ、左SBに井上が回って、山崎を投入。
「山崎を攻撃的アンカーとする」というシステムに変更したが、
これは不発だった。藤田と石原がボランチの位置に下がるだけの結果となり、
むしろ攻撃のチャンスは減ったように思えた。
攻撃的アンカーとするなら(まだ本調子ではないが)茂原だろう。
茂原をトップ下に置いて、ラドンチッチを中心として、
走れるFWを左右に張らせるのはどうだろうか。
(宇留野は速度が、、、、)

最後に杉山に替えて大西を投入したが、これもどうだったか?
大西は大木監督のお気に入りなのかもしれないが、結果が出ていない。
無理を承知で言うが保坂はなかったのか?

と、まあ、こんなふうに「ど素人」がチームのシステムに
ケチをつけるようになるのは、負けが込んできたときの症状だ。
大木監督がチームのことを一番わかっていることことは理解している。
だが大木監督がとてつもなく頑固だということもわかっているだけに、
書かずにはいられない(無駄だとは思うけど)。

試合後はゴール裏はもちろんだが、バックスタンドからも大きなブーイング。
選手たちが一番悔しいのはわかっている。
だが、今日のような集中しない、勝負しない、最後までがんばらない試合を見せられた
サポーターの気持ちも理解してほしい。

次はいよいよ大分との直接対決。
ここに勝てないと本当にあとがない。がんばれ。










スポンサーサイト
# | 2007/08/29 22:23 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。