っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
最終 福岡戦で米長哲学を示せ
2006年11月27日 (月) | 編集 |
「米長哲学」あるいは「米長理論」という言葉をご存知な方は、将棋ファン。

「自分にとって消化試合でも相手にとって重要な対局のときは相手を全力で負かす」
というpolicyだ。

言い出しっぺの米長邦雄氏は山梨県出身。
氏の著書「人間における勝負の研究」より

人生にはこの運の大きな波が何回かあり、小さな波は小刻みにたくさんくる。大きな波にうまく乗れるか、あるいは呑(の)み込まれてしまうか、それが人生の岐路となるのではないでしょうか。

 これは当然のことであり、ごく普通の見解でしょう。問題はその先で、「では、いったいどうすればその運をつかまえられるのか」なわけです。そして、それを一言で言ってしまうと、自分の利害には大した影響のない勝負で、必死に頑張ることです。



大相撲の某力士の成績が連続8勝7敗で終わるような、
「空気が読める」世界では考えられないことだが、
将棋界では、いまや当然の考え方となっている。

そこで最終節、away福岡戦。
J1残留のチャンス、入れ替え戦への切符を手にするには、
福岡は勝ってC大阪の結果を待つしかない。
J2の3位を仙台と争っていた昨年の甲府と同じ立場だ。
まさに福岡にとっての大一番。

対する甲府は負けてもJ1初年度の順位が下がるだけだ。
こういうときこそ、全力で勝ちにいかなければならない。

福岡とは昨年J1へ上がった、同期ともいえる存在。
だが、勝負は勝負。
ここで躊躇してはサッカーの神様の逆鱗に触れることになる。

全力での最後の戦いを期待する。
(こんなことは言わなくても監督・選手は充分承知なんだろうけど)
スポンサーサイト
# | 2006/11/27 01:57 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。