っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
vs広島 難戦を制し連勝
2006年10月08日 (日) | 編集 |
またまた1週間は調子に乗っていられるぜい!

強風吹き荒れる小瀬での広島戦。
後半42分、茂原のCKを林がヘディングで折り返し、
ゴール前でバレーがトラップ。
広島DFは詰められず、股抜きでゴール!!
この貴重なバレーの得点でみごと勝利!!

いや~疲れました。
なんというか、もどかしいというか、じれったいというか、
最後でカタルシスが得られましたが、試合途中はじれてました。

負傷のビジュ・藤田に替わり津田・大西。
左SBには山本が戻っての布陣でした。

前半開始直後の左に流れたバレーからのゴール前へのボール。
大西があとちょっと詰められれば3-0か4-0になっていたと思われます。
その後も攻める甲府、守ってカウンター狙いの広島、というペース。
広島は前線~中盤でのプレスはほとんどかけず、
林の兄さんは楽~にボールが捌けていました。
攻めつづけていて、チャンスは何度もあったのに、
どフリーでヘディングはずしたり、ポストに嫌われたり。

これまではこんなふうに中盤でボール持たせてくれると、
甲府は攻めつかれて、カウンターくらって失点。
さらに攻めて、さらにカウンターで失点を重ねぼろぼろ。
というパターンだったのですが、
今日は違いました。我慢して接戦を戦えるようになってました。

広島も得点機を4回ほど外してくれましたことも大きかったのですが、守備がしっかりしていました。
津田が鋭い出足とクレバーなポジショニングで、いい仕事をしてました。
阿部も(お子様誕生おめでとう!)いい飛び出しで、
安定してました。

攻撃陣も不運を嘆くことなく、
甲府は落ち着いて自分たちのサッカーをしていたように見えました。
なんか自信がついたというか、迷いがないというか、
これを続けていけばいつかは点が取れる、という信念のようなものを感じました。

で、最後にバレーのゴールに結びついたわけで、
大木監督的には満足のいく勝利だったのではないでしょうか?

気になったのは広島のペトロヴィッチ監督のコメント
なんか違うものをみていたのでは?
佐藤・ウェズレイを有しながら下位に沈む原因はこのあたり?
スポンサーサイト
# | 2006/10/08 01:19 | VFK | Comment (0) Trackback (2) |
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
明日から分析アップ(予定)  私事ですが、あんまり体調がよろしくありません。スカパーで「磐田vs.G大阪」、「甲府vs.広島」を続けざまに見ましたが、メモも何も取っていないため特に何かはいえません。ただ、やっぱり失点シーンが起こるときは「クロスへの詰めが甘い」
2006/10/08(日) 07:18:11 | KINDの日記
こんばんは。もう寝ないでサッカー見に行くの疲れた、、、と思いながらもまた寝不足のまま甲府盆地までクルマを走らせるサッカーばか蔵・じょうじです。午前10時半前にウチを出て、浦和に寄ってクルマを借りて、立川のあたりに着いたのがもう午後3時ごろ。これは間に合う
2006/10/12(木) 00:24:54 | 日本サンフレイナ~ニャ
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。