っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
vs大宮 J1で初の連勝
2006年09月18日 (月) | 編集 |
「オレンジの呪い」を打破し、J1昇格後初の連勝を狙う甲府。
(何回目のトライだろう)
ホーム小瀬に大宮を迎え撃った。

「甲府の選手は雨の心配・準備をまったくしない」と噂される
大木監督の晴れ男ぶりは、台風接近+秋雨前線停滞のこの日も健在。
仕事場を出たときにはスコールのような大降り。
さすがに今日は雨だろうと覚悟していたのに、
小瀬に近づくにつれて小降りとなり、スタジアムについたら、
降ってない(ぽか~ん)。

甲府は前節に続き茂原を中心に左にバレー、右に山崎の布陣。
石原が復帰し山本が左SBに戻った。

試合前半は甲府が攻め大宮がカウンターという、双方の狙いどおりの展開。
大宮は高い位置でプレスをかけず、甲府に攻めさせて
前線へのボールを奪取し素早いカウンターを狙っていた。
先制点のほしい甲府は、いつものように積極的に攻撃。
大宮のプレスが緩いためボールが回る回る。
前半のはやいときに左45度(小松っあんかおまえは)あたりからのFKを山本が蹴ったが、
あれが噂の無回転シュートだったのだろうか?惜しかった。
この日の山本は切れ切れ。東京戦でMFとなったのがよかったのか、
マッチアップする土屋がほとんど攻撃参加しなかったためか、
余裕のプレーを見せていた。
山本・杉山の両サイドからの崩しが何回かあり、
ビッグチャンスがあったのに、決めきれなかった。
(このあたりも、いつもどおりというところ)

「このまま攻め疲れるとまずいな」と思い始めたところで、
大宮のGKの不注意な飛び出しにバレーが落ち着いて決めて先制。

後半に入ると、攻めざるを得ない大宮が左SBの土屋を上げてきた。
小林大吾も途中出場。
甲府は高い位置でプレスをかけ大宮の攻撃を潰す。
そして素早い攻撃。調子がよいときの甲府のパターン。
トニーニョの緩慢なプレーを見逃さなかったバレーの2点目も、
前線からのプレスがあったからだろう。

2点差となってさらに攻める大宮。
甲府は茂原が肩を痛め?須藤と交代。
これから中盤でのボール支配を大宮に奪われることとなり、
一方的に攻められることとなった。

しかし、山崎に替わって途中出場の宇留野がやってくれました。
右からのセンターリングを須藤がゴールまえで潰れつつも右へ流したところで、
復帰後初ゴール。
へたな甲府サポより熱いこの方もさぞ喜んだことでしょう。
ゴール後にクルバ近くまで来てくれて喜んだ宇留野GJ!
宇留野は土屋をケアして守備面でもしっかり仕事してました。
結果的にはこの宇留野のゴールが決勝点。
3-0としたのは大きかった。

その後の展開は、甲府はぐだぐだ。
カウンターで惜しいチャンスがありながら決めきれず。
(杉山、シュート決めろ!)
大宮が意地をみせて2点とりましたが、負ける気はしなかった。
大木監督からはきついお叱りがありそうだが、、、、

これでJ1昇格後初の連勝!
試合前にオレンジジュースを飲み干したのが効いたのか、
オレンジ系から初の勝利!
勝ち点では11位に並び、12位になりました。
前日で京都・C大阪が勝っていただけに、ほっとしました。

3-0で勝っていて、そのまま勝ちきれないという
「クロージングの問題」がありますが、
今日は素直に喜びたいと思います。

スポンサーサイト
# | 2006/09/18 03:05 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
Comment
こんばんわ、はじめまして。

大宮との試合を小瀬に見に行き、とても面白かったです。
サッカーにはあまり詳しくもなく、小瀬へ応援に行ったのもこれでまだ3回目なのですが、見るたびに「やっぱり生で見るのは面白いな!」と感じます。
ワシワシさんの詳しい解説を読んで、なるほどなるほどと、うなっているところです。

・・・ではまた。お邪魔しました!
2006/09/19(火) 00:31:20 | URL | 洋塾ブログ担当T #mQop/nM.[編集]
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。