っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
vs京都 再出発!
2006年07月20日 (木) | 編集 |
ひさびさにJ1での戦いが戻ってきた。

3連敗後、中断期間開けホーム、下位同士の直接対決、と
「負けられない」要素が多い試合でした。
(VFQのダンスやヴァン君のデビューもあったし)

試合の内容はtakataka-comicsさんのblogが詳しいので参照してください。

序盤の甲府の動きは硬く、カウンターをくらってビジュが対応したところで、
PKとられたが、あの判定はどうだったか。勝手に倒れたような印象だった。
あれで黄色紙でPKは悲しい。

前半、ボールを持てる甲府だったが、とりわけ初先発の茂原の動きが硬かった。
迷ったらどころか迷う前から後ろ後ろにパス出していた。

後半、その茂原の動きが変わった。積極的な動き・パスを見せるようになり
絶好のフィードでown goalをさそった。
(しかし、あいかわらず京都は中盤でのプレスが、、、)
茂原の存在は大きかった。攻撃のときにボールを安定させるコアができた。
攻撃陣に林が入った感じ。
(茂原についてはエルゴラの記事のこともあり後日書きます)

同点に追いつき押せ押せムードの甲府だったが、ゴール前でシュート打ち切れずカウンター。
これをビジュが覚悟のファールで止めて2枚目の黄色紙で退場。
ビジュは責めらない。あの前のプレーできっちりシュートまでいけなかった
攻撃陣の責任だろう。

1人減ったことでイヤ~なムードとなるかと思われたが、
長谷川を池端に替えて4-4-1として守備は安定。
(長谷川も動きに切れが戻った感じがした。惜しいシュートもあった。次節に期待大)

ワントップとなったバレーへのフィードからの攻撃が有効だった。
石原・バレーと決して易しいシュートではなかったのに、見事に決めてくれた。

1人退場のシミュレーションも韓国キャンプでのTMでやっていたとのこと。
ちょっと(かなり)偏った判定にも怒ることも焦ることもなくプレイし、
相手のラフプレーや非紳士的プレー(ボール2回も返さないなんて、、、)にも
冷静に対応し、勝ちきった甲府に中断期間中の成長の跡を感じた。

片や京都。がんばっていたのはパウリーニョだけ?
新外国人2人はあまり怖い印象はなかった。(アレモンの印象が強すぎ?)
焦る気持ちはわかるが、試合中にあんなプレーをしているようでは、、、、
同期昇格組としては残念だった。


スポンサーサイト
# | 2006/07/20 12:33 | VFK | Comment (4) Trackback (0) |
Comment
・おいてかないでぇ
京都を負かせてくれたのは嬉しいのですが、蜂組は相変わらず得点力不足のままでした。(^_^;)
正直、他力本願のところが現状でして、なんとも情けないやら・・・
2006/07/20(木) 15:01:41 | URL | la #-[編集]
・リンクが...
わしわしさん、takataka-comics のリンクが壊れていませんか?
しかし、勝ってよかったっす.ビジュは名誉ある?退場だったんですね.
2006/07/20(木) 23:18:05 | URL | taizooo #-[編集]
リンク修正しました。ありがとう。
2006/07/21(金) 01:51:24 | URL | ワシワシ #-[編集]
TB、リンクありがとうございました。
フラストレーションがたまる試合でしたが、勝ててよかったです。
バレーが確率変動を起こし始めているのがすごい好材料ですね。

オールスター万歳
2006/07/21(金) 21:23:18 | URL | takatakacomics #-[編集]
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。