っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
ナビスコ杯の意味
2006年04月27日 (木) | 編集 |
昨日はナビスコ杯予選Dグループ第4日。
名古屋との試合だったが、参戦できなかった。
山梨日日新聞とJ's goalの松尾さんのレポート
VFカプリッチオさんのレポートで大体の状況はつかんだつもりですが、
いろいろと見所はあったようで、がっくり。

しかし、慣れというか人間の感覚というのは恐ろしいもので、
甲府がDグループで1試合多い磐田に抜かれたとはいえ、
1勝2分の勝ち点5でグループ2位につけていても、誰も驚いていない。
シーズン前には、グループD以外のサポからは
「甲府がいるグループに入れずアンラッキー」とか言われ、
グループDのサポからは「甲府がいるなんてラッキー」とか言われていたというのに。

大木監督も「全ての戦いをベストメンバーで」という方針を変更したようで、
前の試合の横浜戦からスタメン8人を入れ替え。
長丁場のリーグ戦を見据えてサテライトリーグメンバーを出場させてます。

特にジャンボ鶴見をFWに回すという荒業にはびっくり。
確かにCBには秋本・ビジュが健在で(ビジュは黄色紙多いけど)、
アライールも戻ってくるだろうし、池端・津田もいる。
ボランチも林がいるし、2番手は奈須。
彼を生かす道としてFWというのはありえる話だが、
それを名古屋相手に試してしまう大木監督。好きです。
そして、この与えられたチャンスを生かした鶴見。よくやった!
なれないポジションだと思うけど、ゲームに出ていくことが大切だと思う。頑張れ。
(甲府の練習ではDFとFWが分かれてやることがあるんだが、
いつから鶴見はFWとして練習していたんだろう?)

ナビスコ杯は、決勝トーナメントに進んでも、3位以内に入らなければ賞金なし。
(優勝1億円、2位5千万円、3位2千万円)
チームとしてはなかなかモチベーションが上げにくい状況。
結局、甲府にとって、ナビスコ杯予選は、サテライト以上、リーグ戦未満の位置付けで、
1.5軍の試練の場と化しているわけだ。

これが悪いわけではない。
だが、サポーターとしては、なんとしても決勝トーナメントに進んでもらいたい。

理由は一つ。甲府の試合をもっと見たい&甲府をもっと応援したいから。
特に、ナビスコの決勝トーナメントは、ホーム&アウェイ方式。
リーグ戦とも一発勝負の天皇杯とも違った興奮があると思う。
ガンバとかレッズとかとの勝負を考えると楽しくなる。

リーグ戦の状況が許すのであれば & ナビスコ杯予選の成績がある程度ならば、
ベストメンバーで勝ちに行って、決勝トーナメント進出を決めて欲しいと願っている。
スポンサーサイト
# | 2006/04/27 22:47 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。