っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
スタジアムの守護神
2006年04月21日 (金) | 編集 |
といえば、ふつ~はGK阿部だが、今日は別の話題。

皆さんはAEDという装置をご存知だろうか?
Automated External Defibrillator(自動体外式除細動器)

除細動というのは心臓の痙攣(細動)を電気ショックで直すこと。
体外式だから体の外から心臓に近づけて使う。(体内に留置するタイプもあり、こちらは体内式。)
昔は心電図の波形を見て「心室細動だ」と人間が判断してから、電気ショックをかけていたマニュアル式だったが、
心電図解析するコンピューター搭載で自動式になった。

このAEDが昨年の愛地球博で活躍したのは有名。
突然倒れた何人もの観客を近くにいた人たちがAEDを使用して救命している。

小瀬にも8000人以上の人が集まる、今日この頃。
集まれば集まるほど突然倒れる人が出る確率が上がる。
小瀬では3年ほど前だろうか、メインスタンドで倒れた観客の方がお亡くなりになった。(くも膜下出血だったらしいが)
そんな悲劇を少しでも減らそうと、今年から、小瀬のスタンドにはAEDを持った医師・看護師・救急救命士がいる。

ゴール裏とバックスタンドは、ほぼ中央の最上段。
メインはホーム側入り口の上部あたり。
蛍光の薄緑色のジャケットを着て目立ってます。
(実はAEDはもう一台、ピッチにも準備されている。
こちらは選手・審判用。)

彼らは救急医療の専門家。AEDと緊急連絡用携帯電話を身につけて、スタジアムでの突発的な事故に備えている。
まったくのボランティアで、今年からホームゲーム全試合に登場。

もしスタジアムで誰か倒れたら、救急措置(BLS)を始めると共に、
AEDを持った彼らを呼びに行って欲しい。
早く除細動できればそれだけ助かる確率が上がる。

彼ら隠れたスタジアムの守護神が活躍しないことを祈りつつ、
彼らの努力に感謝したい。

スポンサーサイト
# | 2006/04/21 22:08 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
Comment
・AED
小瀬にAEDが配備されていること、それもボランティアで。知りませんでした。
有益な情報ありがとうございました。
本来こういう情報は地元メディアが伝えるべきものですよね。
3年前に亡くなった方は医師だったと記憶しています。
2006/04/21(金) 22:35:19 | URL | VFK2003 #-[編集]
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。