っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
再び応援を語る---とにかく一度クルバに来てね
2006年03月28日 (火) | 編集 |
明日、水曜日はナビスコ杯予選リーグで名古屋戦@瑞穂。
4月1日がJ1第6節vsC大阪@長居。
4月8日はJ1第7節vs新潟で松本アルウィンです。

しばらくは小瀬で試合がありません。
次の小瀬での試合は4月12日のvs磐田飯田戦ですね。

さて、福岡戦後のゴール裏、微妙~な雰囲気でした。
あらためてここで甲府の応援について語ります。(ちょっと長いです)

私はゴール裏での「応援」に参加している一員です。
「応援」ですが、ここでは
「試合中に立ち上がって、はねて、声を出して選手を鼓舞すること」
と狭い意味で使っています。応援する=クルバに参加する、という意味合いです。

スポンサー、スタッフ、ボランティアなど、クラブをサポートしている方々が
多数いらっしゃることはわかっています。
クラブサポーターになり、あるいはチケットを購入して、試合を見にきている方々も、
クラブをサポートしている一員だと思っています。
全てのサポーターが狭い意味での「応援」に参加できないこともわかっていますし、
狭い意味での「応援」に参加しているものが偉いとか、参加していない人をだめだと非難しようとは思っていません。

ただ、現在の甲府のゴール裏を見ると、狭い意味での「応援」参加者が少ないことは事実です。
応援団が勧誘(あくまでも勧誘で強制ではないと思う)しても、
勧誘自体が煩わしく思われているようにみえます。

どうしたら狭い意味での「応援」に参加する人が増えるのか?
いろいろ考えて、まだクルバに参加していない人へのメッセージです。

現在の応援が暗くて楽しそうではない、という意見があります。
そのためにクルバに参加する人が少ないのだと。

確かにhinchasの応援スタイルはpopなものではありません。
(popな応援の例としては開幕戦の清水のイメージ)
アルゼンチンのボカの応援を参考にしている(と理解しています)応援は
どこか哀愁を帯びたメロディが多く、他のクラブのような
イケイケどんどん的なノリの良さは望めません。
歌詞もちょっと独特で簡単には覚えにくいかもしれません。

ですが、甲府の歌は一旦覚えてしまうとハマります。知らず知らずに口ずさんでいます。
応援の曲をネットで聴くこともできますし、
ホームでは歌詞が書かれたビラや応援CDを配布しています。
なにより一回クルバに参加してもらえば覚えられます。
そして、実際に歌って応援すると、この独特な曲がいいんです。
実際にクルバに参加した人は、勝利で共に喜び、敗北で共に悔しがります。
その充実した体験は(自己満足かもしれませんが)何ものにも代え難いものです。
「応援」は楽しいんです。

クルバにいる人たちが怖そう、という感想もあります。

タスキの中、最前列にそろっているhinchasとmafiaの皆さんは、
一見するとちょっと強面です。そして応援には熱いです。
タスキの中にいながら応援をさぼっている人には厳しいです。
言い方がきついときもあります。だから誤解されやすい。
排他的・独善的だという批判を受けることもありますが、
実際に話してみれば普通のいい人たちです。
甲府の応援を一番考えて、一番熱心にしているのは彼らです。
彼らのスタイルを理解してください。

体力的に90分間クルバには参加できない、という心配もあるでしょう。

確かに90分間、跳ねて・声を出して・旗を振るともうふらふらです。
翌日には筋肉痛です。肉体的にはきついです(特に負けたとき)。
(ダイエットにはいいんだけどね)
タスキの中、特に前側は高いレベルでの応援が求められます。
応援をさぼっていいとは言いません。ですが体力的につらい、という方は、
タスキの後ろ・外側・周辺で「自分ができる限りの力で」がんばりましょう。

このblogを読んでいるということは、ヴァンフォーレ甲府に関心があるということ。
関心があったら、甲府を勝たせたいと思いませんか?
大きな実力差は応援では埋まりません。でも実力の差があまりなかったら?
選手たちの気力が充実していたら勝てるチャンスがでてきます。
スタジアムにいるサポーターは選手たちを直接「応援」することができます。
勝たせたいと思ったら「応援」しましょうよ。

そしてどうせ「応援」するんだったら、みんなで集まりませんか。
クルバから離れたところで立ち上がったり声をだしたりしていても、選手には届きません。
タスキの中で(初めてだったら周辺で)集団で応援していくことが、
選手への大きなメッセージになります。

一人でも多くのサポーターの声を選手達に届けよう。
一人でも多くのサポーターがクルバに参加してくれることを期待します。
スポンサーサイト
# | 2006/03/28 11:20 | VFK | Comment (2) Trackback (0) |
Comment
甲府の応援は大声量になると圧倒的にカッコイイと思いますね。それこそレッズとかにも負けません。
だからこそ声出す人が増えるのが望ましいんですけど。増えない・・・

しかし、着実にゴール裏では立ち応援広がってますよね。
徐々にです、徐々に。
まさに1cm1mmの努力(笑)
2006/03/28(火) 23:04:13 | URL | ms06 #-[編集]
特効薬はなさそうです。
本当に一歩一歩やっていくしかないでしょうね。
2006/03/30(木) 15:28:31 | URL | ワシワシ #-[編集]
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。