っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
11番宇留野選手への期待
2006年01月18日 (水) | 編集 |
先日発表されたメンバー&背番号
アライールの15が空いていたり、克也が山梨枠伝統の7番になったり、
奈須が6番になったり、注目点はいろいろありますが、
なんといっても、注目は、11番です。

11といえば、もちろんチームのエースナンバー。
昨年はLefty Monster 小倉の番号でした。

新入団でこの11番をゲットした選手こそ、「JFLの門番」こと
Honda FCから入団した宇留野選手です。

宇留野選手はHonda FCの中心選手として活躍していました。
彼の活躍については、TOさんのblogに詳しいです。

TBさせていただいたentryにはチームの中心選手であった、
宇留野選手を甲府に引き抜かれたことに続いて、
11番という「チームの顔」ともいえる背番号を、
彼が背負う/背負わされたことに対する複雑なTOさんの気持ちが溢れています。

愛するチームの中心選手を背番号で釣って行った、、、
そう思われるお気持ちはよくわかります。
ですが、今回はどうだったでしょうか?

バレー残留が最大の目標であった今シーズンのストーブリーグ。

2006.01.06 宇留野選手の甲府移籍発表
2006.01.15 バレー選手、残留決定
2006.01.16 背番号発表

という流れを見ると宇留野選手を引き抜く時点では、
バレー選手の去就は明らかではありませんでした。

昨年の大活躍からして「残留してくれればバレーが11番」
というのが大方の甲府サポの予想するところでした。
当然、バレーが希望すればクラブは11番を与えていたでしょう。

で、あれば、新入団の宇留野選手に
「君のために11番を空けて待っているよ」とは言えなかったはずです。

バレーが昨年どおりの16番を希望してしまったために、
空いてしまった11番。

これを選んだのは宇留野選手自身であったと推測します。
そして11番を宇留野選手に与えた甲府。

宇留野選手自身のやる気・気構えと、
甲府のフロントが宇留野選手にかける期待の大きさが、
現れた結果だと思います。

宇留野選手には、現在の甲府の顔である
8番キャプテン倉貫、10番職人藤田
を上回る活躍を期待します。がんばってください。

スポンサーサイト
# | 2006/01/18 20:28 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。