っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
監督の責任 vs徳島
2009年05月24日 (日) | 編集 |
3-1で勝つには勝ったが、いろいろと考えさせられた徳島戦。

試合後の監督インタビュー松尾さんのレポートを読むと、
前回のエントリーで書いた「秋本」がポイントになっている。

監督が庇っているとおり、徳島戦でもボランチとしての秋本のできは、
正直いま一つだったと思う。

だが、それは秋本の責任だろうか?
林が怪我でいない現状で秋本にボランチの役割を負わせているのは監督だ。

甲府の4-3-3システムにおいて、鍵となるボランチ(アンカー)の役割は大きい。
このポジションを任せられる林がいればこその、4-3-3であると言っても過言ではない。

ボールをコントロールすることで試合全体の流れを左右する、
林が「マエストロ」と呼ばれるのはこのコントロール能力があればこそ。
さらに正確なボールフィード、相手の攻撃の目を摘む的確な読みも必要だ。

秋本はいい選手だ。体格に恵まれ、あたりに強く、粘り強い。
ヘディングとときおり見せるミドルシュートも期待できる。
CBとして活躍できる能力を十分持っている。

だが、アンカーとしての資質はどうだろう。
サブが少ないJ2ではポリバレントな能力が求められると言っても、
秋本にアンカーの能力を求めるのは酷な話ではないのか?

確かに秋本がいなければ守備のタレントが減ってしまう。
セットプレーなどで高さのある相手に対応できなくなるかもしれない、
だからといって、秋本をボランチに入れるのは、
攻撃のリズムを失わせてしまう副作用のほうが大きいのではないか?

秋本の守備的な能力を生かすには、
4-3-3のシステムに無理矢理押し込む今のやり方では無理だ。

試合後のインタビューで選手を庇うのではなく、
秋本が生きるシステムを採用すべきなのではないか?
それが本来の監督の責任だろう。

松尾さんが心配していた交替後の秋本を姿を読むと、胸が痛くなる。
がんばれ秋本。
スポンサーサイト
# | 2009/05/24 13:56 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
やればできるじゃん! vs福岡
2009年05月21日 (木) | 編集 |
やっと録画を見終えた。
やればできるじゃん!(って甲州弁?)

安間監督が甲府に来て5年。
素で怒ったことはなかったそうだが、
前節富山戦後に切れたらしい。
この檄が効いたのか?
福岡戦の甲府の選手は見違える動きだった。

林・大西・秋本を欠いたメンバーだったが、
藤田のボランチ、石原のMFという
「あるべき姿」に戻れたのは良かった気がする。
さらに初先発の井澤がフル出場。おめでとう。
動きが良かったと思います。
MFで使える目処が立ったのは大きい。

特筆すべきは、「ポジション池端」。
結婚を記念するゴール。
左サイドバックなのに、
右サイドを駆け上がり、
そのままゴールを決める、
ああ、なんて池端!
(1点目の失点を帳消しにしたところも素敵)

さらに特筆すべきは「甲府のダイナモ」杉山新。
この人の身体能力はどうなっているんだろう?
あの時間帯であの動き。
どこのFWですか?というべき豪快なシュート。
しびれました。

さて問題は次の試合。
「調子が良いとき、勝っているときにはチームをいじるな!」
という鉄則を監督は護れるだろうか?

秋本が出場停止から戻る。
ボランチをどうするのか?
勝負の鍵はここにある。





# | 2009/05/21 21:40 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
負けた負けた vs富山
2009年05月17日 (日) | 編集 |
こういう試合を見せられるのが一番つらい。

開始早々の得点で気が緩んだのか?
気持ちの入っていないプレーを続け、同点&逆転。

林頼みの中盤であったことを露呈したスタメン。
セカンドボールの拾えなさにはびっくりを通り越して悲しくなった。

このままズルズルと3位との差が広がっていくのではないか?
と思わせる内容だった。

本気で昇格を目標としているのか?
サポーターは目標としている。

選手はどうなんだ?
監督はどうなんだ?

先発&控えの選択や選手交代について、あれこれ言いたくなるが、
言っても無駄だ。あえて我慢する。

ただ、「競争原理が働かない組織には歪みができる」
という常識を確認する場とならないことだけを願う。
# | 2009/05/17 20:59 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
よく追いついたのか?勝ちきれなかったのか? vs水戸
2009年05月05日 (火) | 編集 |
水戸に”も”あまり良い印象がないんです。
FW荒田が骨折して戦線離脱したとはいえ5位と好調。
いやな予感がしていたんですが、、、

今シーズン初めてのナイトゲームはあいにくの雨。
ピッチ状況は両チームに公平なわけだが、パスを繋ぎたい
甲府には不利になったのだろうか?

前半30分までは甲府のペース?
というか、甲府がボールを支配していたが、持たされていたという
感じが強い。

攻めてもゴールへ結びつかない。
パスのためのパス、という昨年の悪癖が脳裏をよぎる。
ロングシュートすらほとんど打たない/打てない。

そうこうしているうちに、流れは水戸に。
荻の手をかすめてのバー直撃には肝を冷やした。
荒田がいなくても水戸の攻撃は速く確実だった。
決定的なチャンスは水戸が甲府を上回っていた。

後半も甲府が攻める(というかボールを支配する)。
が、ゴールが遠い。
マラニョンが水戸の3番に完全に抑えられてしまった。
攻めあぐねているうちに、
水戸の見事なカウンターから失点。
3分後に、秋本の初ゴールで追いついたのはよかったが、
追加点を奪えず、結局ドロー。

後半も水戸にはバー直撃のロングシュートがあり、
負けなくてよかったのかもしれないが、
上位3チームがしっかり勝っているにもかかわらず、
勝ちきれなかったのは痛い。痛すぎる。

初スタメンとなった松橋は正直、どうだったのか?
消えている時間が多かった気がする。
途中出場でゴールを決める役割の方が向いているのではないか?

キムのあのシュートが決まっていればとも思うが、
キムが入らないと攻撃がだめだめな気がした。

次節はダニエルがイエローカード累積で出場停止。
失点が続く守備陣を立て直せるだろうか?

ここが踏ん張りどころだ。
がんばるしかない。

# | 2009/05/05 22:02 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。