っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
おおきな勝利 vs湘南
2009年04月29日 (水) | 編集 |
昨年の3連敗で、すっかり苦手になった湘南。
今年は反町「男前」監督により、さらにパワーアップ。
前節引き分けたC大阪を抜いて首位に立っている。
FW田原とアジエルが反則級と聞いていたが、、、、

前半15分までは、湘南にいいようにやられていた。
湘南が首位になっているのもよくわかる。
攻撃は速いし巧いし、セカンドボールはひろいまくるし、、、
失点しなかったのは甲府の成長した証?小瀬力?
荻のスーパーセーブがすごかった。

20分過ぎて、湘南の猛攻が一息ついたところで、
28分に田原が一発レッド。
秋本のファールに報復したのかな?
結果からすると、この退場がゲームを決めてしまった。

甲府は秋本がロングシュートを狙うなどして、ときどきチャンスがあるも
数的優位を生かせず、前半は0-0。

後半になると湘南は時間を使ってきた。
アウェイで一人少ないおだから引き分け狙いは当然だ。
湘南の粘り強い守備に、甲府は決め手を欠く。

攻めても攻めてもゴールが遠い。
ほとんど甲府の攻撃で、負ける気はしなかったが、
湘南の狙ったとりにスコアレスドローの感じがして、
ものすごくフラストレーションが溜まる後半だった。

試合が動いたのは、またまた退場から。
アジエルが2枚目のイエローカードで退場。
シミュレーションをとられたのか?
これにより甲府の攻撃が激化。

バーとかポストに嫌われなければ4点くらい入っていたか?
GKもあたっていた感じだった。
このまま0-0?という不安を打ち破ってくれた、
松橋!!!!
途中出場で決定的な仕事をしてくれた。

あとは時間を使って、みごと1-0の勝利。
早い時間に数的優位になりながら、勝ちきれないという
パターンを打ち破ったことは大きい。

昨年までなら前節栃木戦は負け、今節湘南戦はよくて引き分けだっただろう。
甲府の成長が感じ取れた一戦だった。

書き忘れていたが、今日の監督采配は素晴らしかった。
後半に秋本out池端inで森田+キム+池端+マラニョンで攻めた。
さらにダニエルが痛んでから松橋を入れて、さらに攻撃を厚くしたのが
勝利に結びついた。今後も積極的な采配を期待したい。

ダニエルのけがの状況が心配だがどうだろうか?
きびしい日程が続く。大事でないことを祈りたい。




スポンサーサイト
# | 2009/04/29 18:15 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
なんとか追いついた vs栃木
2009年04月26日 (日) | 編集 |
クラブ初の4連勝/勝てばもしかすると首位/相手は最下位で9試合で得点1

こんなときこそ、甲府の優しさスイッチが入ってしまうのでは?
と、心配したとおりの試合でした。

前半のうちに0-2。orz。

栃木の河原が切れまくり。
シュートといいアシストといい、すきにやられてましたわな。

マラニョンがドフリーをサイドネットに外したのが問題だったな。
まあそのあと、栃木のクリアをもらって、DF3人いたのに
難しいシュートを決めたので、、、OKかな。

後半1-2でスタート。次の点がどちらに入るか?で試合が決まるパターン。
なぜか甲府はばたばたとしてボールが落ち着かず、
栃木FKからヘッドできめられ1-3。
これで今日はだめかと、ちょっと思ったのだが、、、、

秋本out林inで流れが変わった。

ボールが落ち着き、前線への良質なボールが出るようになった。

森田outで入った松橋がマラニョンのクロスをヘッドで決めて2-3。

さらに石原outで入った池端が新のみごとなクロスをヘッドで決めて3-3。

追いついたのはすばらしかった。
だが、3失点はいかがなものだったかと。

あと秋本のボランチはどうだったのか?
4連戦で林を温存したいのはわかるのだが、、、、、
4月29日の湘南との大一番。どうするのか?


# | 2009/04/26 15:18 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
ヴァンフォーレのしわざなのだ。 vs東京V
2009年04月19日 (日) | 編集 |
エルゴラで甲府と東京ヴェルディを担当されている。いしかわごう氏。
もともと筋金入りのヴェルディサポなわけで、
そのブログも「ヴェルディのしわざなのだ。」というタイトルだった。(過去形)

本日のヴァンフォーレの勝利により、当面「ヴァンフォーレのしわざなのだ。」というタイトルに
変更された。文字通りの「タイトルマッチ」であったわけだが、めでたしめでたし。

とはいえ、FWが決めるべきところを決めていれば5-1くらいで勝てたはずの試合。
最後はなんとか逃げ切ったけれど、決定力のなさを修正していただかないと、、、、

(もういちど)とはいえ、金+マラニョンとFWが点をしっかりとってくれて、
DF陣ががんばって大黒の1点(この失点はしかたないよな~)に止めたところは
なんかもう強いぞ甲府って感じでした。

暑い中、走りまくった甲府の選手と、応援しまくったサポに拍手。
3連勝2回目なんて、、、、、

P.S. MOMは金かマラニョンだと思うけど、私的には大黒と「同級生」マッチアップして
1点に押さえたキャプテン山本を一押し。本当にお疲れさまでした。


# | 2009/04/19 16:33 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
気持ちの入った勝利 vs横浜FC
2009年04月16日 (木) | 編集 |
平日のナイターかつアウェイなんで、スカパーでの観戦だったが、
この試合は面白かったというか感動した。

「勝ちたい」「勝つんだ」というチーム/選手/サポの気持ちが
画面から伝わってきた。

少々不運な失点を前半早々から背負ったためか
前半は横浜ペースだった。プレスがきつく、シュートまでいけない。
ぐだぐだとした展開だったが、
相手のパスをカットした山本がゴール近くまで持ち込んで、
マラニョンへの美しいパス。マラニョンが狙いすましてゴール正面へ。
走り込んできた金が、かなり難しい体勢ながらしっかり決めて同点。
この得点にしびれました。

直後のマラニョンのうまく体を回転させてのシュートが
バー直撃だったので、「まだ得点できないのか」と落ち込みかけたが、
そのマラニョンが後半に、横浜FCキラーの藤田からのクロスに合わせて
みごとな今期初ゴール。これで安心しました。
マラニョン、嬉しそうで、ちょっと涙が出た。
試合後のインタビューのときもちょっと感動。

さらに、ロスタイムの新のゴール。
これまた藤田のすばらしいシュートのこぼれ球の
むずかしいボールだったと思うのだが、冷静に押さえてだめ押し。
池端がDFラインに入って新が上がり気味だったとはいえ
あの時間帯であそこまで走っていたのには感動。

昇格したときの走る甲府のイメージが戻ってきた気がする。

「神の手」があったり荻のファンブルがあったり、
ちょっと守備陣に不安がないわけではないのだが、
後半の苦しい時間帯をしっかり守りきり、
逆転につないでいったところに「強さ」を感じた。

こういう試合をぜひ、小瀬でもお願いします。




# | 2009/04/16 03:37 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。