っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
投げやりになっている
2008年09月28日 (日) | 編集 |
たらればは言ってもしかたないことだが、
あのパンチングがあと少し遠くへ飛んでいれば、、、、

序盤は甲府がロングボールを多用し、チャンスをつかんだが、
次第に中盤を湘南に支配された。
復帰したMF(特に名を秘す)の動きが悪かった。
故障をかかえるMF(特に名を秘す)も痛々しかった。

不運な失点のあと、攻撃の形を作っていたのは甲府。
特に後半は決定機がなんども。
そこを決めきれない決定力不足って、
今シーズン言われ続けてきた悪癖が再発。

もうなんだかな~~~~



スポンサーサイト
# | 2008/09/28 10:00 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
人事を尽くして天命を待つ
2008年09月23日 (火) | 編集 |
前節愛媛に辛勝して戻ってきた甲府。
なにがなんでも勝ち点3をとらなければならない岐阜戦。
これまで2引き分け。
(思えば開幕戦で岐阜に引き分けたのが甲府の躓きの初めだった、、、)

とにかく、どんな形でもいいから勝つしかない試合であったが、
終わってみれば4-0の完勝であった。

愛媛戦に引き続きGKは阿部。
CBは山本、御厨というコンビ。SBは右に新、左に輪湖。
MFは林がお休みでここに保坂、藤田が復帰、愛媛戦で貴重な得点を決めた石原。
FWは不動の3人。サーレス、マラニョン、そして大西。

今日はなんといっても大西だった。
前半の先制点、後半のだめ押し点。あわやハットトリックというチャンスもあり、
MOMは大西で決まり。しかしあの大西君がヒーローインタビューを受ける日が来るとは、、、
正直、彼が後半に点を決めたときには、鳥肌が立ちました。素晴らしいゴールだった。

マラニョンも貴重な追加点を決め、さらにサーレスの得点となったが、
GKと競って4点目をお膳立てした。負傷が心配だったが、
試合後は普通に歩いていたので、大丈夫かなあ。

サーレスは大西の2点目をアシストし、自らも(マラニョンのゴールを横取りして)得点。

FW3人は文句のない活躍だった。

問題は交代で出てきた選手。
マラニョン→羽地、サーレス→池端。

「おまえが決めろ羽地登志晃」とコールされていた羽地は、、、、、
がんばっているのはわかるんだが、負のオーラが満開。
少し休んで気分転換したほうがよいのではないだろうか?
慣れないプレーで失敗して自らの良い点を出せていないようにみえる。

久々出場となった池端だが、、、DF登録ながら、出場は後半36分に
左のFWとしてだった。たしかにFWとして練習しているという話は聞いたが、
本当にFWとして出場させるとは、、、安間マジック炸裂?
池端がシュートを打つシーンもあり、ちょっと期待したのだが、
そんなサポーターの想いを遥かに凌駕する池端の独り舞台であった。
後半36分交代出場。わずか2分後に黄紙。さらに4分後にもう一枚。
後半42分には退場してしまった。orz。
いったい、彼は何をしに出てきたのか?
4-0で勝っていたから良かったものの、
接戦であったら、そして同点にでもされたら、どうするつもりだったのか?
(まあ、そういう場合はFWとしては起用されてないだろうけど)
池端には反省してもらいたい。期待しているだけに残念だった。

MFは戻ってきた藤田が安定していたが、ちょっと持ち過ぎ?
前半の得点後に攻撃が停滞したのはこのためか?
保坂はボランチとしてまずまずだった。ただ玉の捌きという面では、
まだ林には及ばない印象だった。がんばってほしい。
石原は後半に、「これを決めておけば、絶対ベストゴールだろう!」
という決定的なチャンスを決められなかった。決定力は、、、、、
でも豊富な運動量は健在。

DFは輪湖が積極的に攻撃参加していたのが印象的だった。前節の涙は無駄じゃなかった。
ゲームキャプテンを勤めた山本はポカが2回ほどあったが、DFラインを安定させ、
素晴らしい活躍だった。
コンビを組んだ御厨も安定していた。
岐阜の片桐は素晴らしい選手。彼と小島のFWコンビをどこまで御厨が押さえるかが
注目されたが、ほぼ完封していた。御厨君、いいですね。自身つけてほしいです。
杉山は今日はあまり上がらなかったが、守備面でいい仕事をしていた。

GK阿部はハイボールの処理にちょっとドキッとするシーンもあったが、
安定したパフォーマンスだった。しかしフィードの制度は、、、、
当面阿部さんでよいのではないだろうか。

ということで、久々に長々と書いてしまった。
J2通算100勝目を4-0と完封で飾った甲府。

順位のことはあえて触れない。
目の前の試合を一つ一つ勝っていくだけだ!


# | 2008/09/23 22:10 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
勝ちきれない甲府は昇格に値しなかった
2008年09月14日 (日) | 編集 |
悲しい。悲しい試合だった。

ここ1番での弱さを今年は何回味わったことだろう。
ここで勝てばかすかながらも3位へ滑り込む道も見えてきたかもしれないのに、、、、
(って、今年何回目だろうか)

PKで先制するも、桜井のキャッチミスから草津へプレゼントゴール。
草津が1人少なくなり、林のゴールで勝ち越し、草津はもう1人退場。
これでなんとか勝てるかとおもいきや、
右サイドでDFの不注意なミスからCKFKを与え、
前に出た桜井がボールに触れず追いつかれた。

マラニョンが交代してからは、攻撃はぐだぐだ。
2人少ない草津にただ能もなく放り込むばかり。
しかし交代出場したハジ/木村はボールにも触れず、時間だけがすぎていく。

これほどなさけない試合は久々だった。
正直、今の甲府は昇格に値しない。
来シーズンに向けてのチーム作りを考えていく時期かもしれない。


# | 2008/09/14 22:01 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。