っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
「糞審判 鍋島將起」の名前を忘れるな!
2008年08月04日 (月) | 編集 |
審判は絶対的存在だ。どんな判定だって、受け入れなければならない。
審判の癖を理解して、審判に気に入られるように冷静にプレーしなければいけない。
審判だって人の子だ。多少の好き嫌いはしかたがない。
審判は試合を一番よく見ているんだ。ピッチでなければ理解できないこともある。

な~んていう教科書的なたわごとがハーフタイムの花火とともに
夜空に消えていった試合だった。

「仙台サポが鍋島コールしている」と誤解した甲府サポが多数いたようだが、
あれは中島コールだった模様。でも誤解してもしかたないほど、
仙台びいきな判定の連続だった。
(甲府側は後半開始時に本当に「鍋島コール」していたけど。)

開始そうそうのマラニョンへの黄紙。このあたりからおかしいと感じていた。
副審のオフサイドの判定を無視してハンドの判定でPKゲットだぜ!
競ってサイドアウトしたボールはことごとく仙台ボール。
ファールのあとでボールから離れなかったから?マラニョン黄紙2枚目で退場ゲットだぜ!
ロスタイム4分で同点だぜ!
仙台のファールにはなかなか黄紙は出さないぜ。
仙台のハンドはスルーだぜ。

まさに鍋島劇場。

もともと相性がよくない審判ではあるのだが、、、
名前を聞いたときにいやな予感がしていたのだが、、、
これほどとは、、、
「鍋島 將起」 この名前を1万人の甲府サポは忘れない。

後半の桜井のスーパーセーブ×3がなければ負けていた試合でした。
仙台+審判連合軍にめげずに最後まで走り抜いた甲府の選手たちを
責めることはできません。

(後半、藤田の必死のドリブルからゴール前でサーレスの足があと少し、、、
このチャンスを逃しては勝ちはなかった。しかし、あそこでゴール前に
飛び出すために交代したんだろうに→久野くん!)

甲府はクラブとしてなんらかの行動をとるべきではなかろうか?
このままではまずいと思うほど今日の審判はひどかった。

しかしなんで甲府はこんなに審判に嫌われるのかな~、、、、
勘弁してください。




スポンサーサイト
# | 2008/08/04 01:23 | VFK | Comment (5) Trackback (1) |
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。