っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
4-3-3に異議あり vs鳥栖
2008年05月22日 (木) | 編集 |
平日のナイターに8705人も集まったというのに。(昔だったら3桁確実)
なんともやるせない試合だった。

シュートは打った。20本も。
おしいチャンスも多かった。
だが決められなかった。

久野が1点決めたとはいえ(狙ったというよりクロスがそのままゴールした?)、
甲府攻撃陣の決定力のなさは異常だった。
これには原因があるはずだ。
メンタル? 個人の能力?

それ以上に戦術に原因があると思う。
甲府の4-3-3はFWに負担が多いシステムだ。
バスケで言うところのオールコートプレスのようなものだから、
3人のFWが高い位置で相手のDFにプレスをかける必要がある。
「ゴールを決める」というFWに第一に求められる働き以外に、
FWが果たすべき役割が、4-4-2とかに比べて多いように見える。
そのためにいざ「ゴールのチャンス!」なときに
万全の態勢ではないため、ミスしてしまう(のではないか?)。
徳島で活躍できたジョジマールがなかなかフィットしないのも、
このあたりが原因のように思える。

もともと
「FWに決定力がないから、チャンスを多く作らなければだめだ」
という前提で前線からプレスをかけて相手のボールを奪い、
素早く展開して攻撃につなぐことができる
4-3-3を採用しているのだと思う。(リスクはあるがやむを得ない)
だから、チャンスが多くなっているのだが、
4-3-3を採用していることで、もともと危ぶまれている決定力が
更に低下しているように見える。
これでは本末転倒ではないのか?

決定力はありそうなジョジマールがいる。
新外国人獲得のうわさもある。
4-3-3にこだわり続けることがよいことだろうか?
J2に中断期間はない。
迅速で大胆な決断を期待したい。


スポンサーサイト
# | 2008/05/22 03:38 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
vs横浜FC 勝ちきれたぜ!
2008年05月06日 (火) | 編集 |
ここ2試合調子がよくなかったジョジマールを下げるばかりかベンチ外とし、
ここ数試合ベンチ外だった前田をCFに起用するという、思い切った采配を
みせた安間監督。結果的にこの采配が2試合ぶりの勝利をもたらした。

久々の先発となった前田。G大阪ではCFの経験はあったのだろうか?
高さはないものの、前線でのボールキープ、攻撃の基点となる動きにおいて、
合格点であったと思う。
残念なのは決定的なシュートチャンスを生かせなかったこと。
久野君の得点になってしまったシュートや、残念なヘディングシュートが3本。
どれかが決まっていれば、、、、もう少し楽に勝てた気がする。

ゲームの立ち上がりに(またも)訪れた大ピンチ。
(その前に不注意なプレイがあった)
桜井の片手でのスーパーセーブでなんとか凌いだのだが、
ここを決められてたらどうなったことか、、、、
(相変わらずのゲーム開始直後の問題が解決されない、、、、)

その後は甲府の積極的なプレスがゲームを支配した。
GW連戦の最後とは思えない運動量で横浜FCを圧倒した。
ショートパスだけでなく、相手DFの裏を狙うロングボールもあり、
新しい甲府の攻撃パターンが堪能できた。

先に述べた前田もだが、
常に前を狙っていき得点を決めた久野君。
今日はあまり目立たなかったが攻撃の基軸となっていた宇留野。
スーパーシュートを決めた藤田。
(今日の藤田は運動量も落ちず、素晴らしい動きだった)
常に安定したチャンスボールを供給し続けた美尾。

後半の前半にあと1点とって3-0としていれば、
いうことはなかったが、攻撃陣は、その前線からのプレスも含めて、
素晴らしかったと思う。

守備も失点シーンを除けば素晴らしかった。
J2得点王のアンデルソンはさすがに巧かった。
アンデルソンは常に2~3人でカバーしていたのに、、、、
あの失点はSBとCBでボールを譲り合ってしまって招いたピンチ。
うまく切り返されて決められてしまった。
さすがですアンデルソン。

守備では桜井が神であったことは言うまでもない。
難波が空振りしてくれたり、元甲府の長谷川のシュートが弱かったり、
甲府にはラッキーだった面があった。
しかし1失点は評価できる内容だったと思う。
今日もちょっと危ないプレーがあった山本がものすごく効いていた。

更に1失点後に投入された「クローザー」林。
ボールを落ち着かせ、横浜に傾きかけた試合のバランスを
引き戻す主役となった。

2-1で勝ちきることを狙い、見事に勝ちきれた。
GWの連戦を締めくくるに相応しい内容だった。
やったね!!!


# | 2008/05/06 21:01 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
vs熊本 記事を書く気力もない
2008年05月01日 (木) | 編集 |
広島、愛媛と勝利して、調子を上げていたはずなのに。
新加入の熊本にサックリと1ー2で負けてしまいました。

TVでの観戦だったので、実際のところはどうであったか
わかりませんが、2失点とも「決められてもしかたない」
というものではなく、気持ちが入っていない状況での
ものであったように見えました。

虚をつかれたFK。
マークがずれてどフリーで決められたヘディング。
ああ、情けない。

後半に熊本が10人になってからのパワープレー。
縦にポーンと入れて跳ね返されてばかり。
ああ、情けない。

広島で見せたあの気迫はどこに逝ってしまったのか?
新加入・現在最下位の相手ということで油断したのか?
熊本という遠距離アウェイで移動の疲れ?GWの連戦の疲れ?

なにかおかしかった。なにかが違った。

個人的には、藤田が戻ったことでチームが彼に依存してしまい、
結果としてうまくいっていないように思える。
藤田がいないときの試合のほうが、皆が必死であった気がする。

全部勝ちにいけ、とは言わない。
遠距離アウェイで下位チームとの対戦であれば、
大幅にメンバーを代えて、若手を試していく機会にするという
発想があってもよいのではないか?

5月3日。ホーム未勝利の草津vsアウェイ未勝利の甲府。
切り替えができるだろうか?
大胆な采配を期待したい。
# | 2008/05/01 16:03 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。