っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
光は見えた vs福岡 2-2
2008年03月23日 (日) | 編集 |
試合終了と同時にへたれ込む甲府の選手たち。
2005年にはよく見た姿だった。
走る甲府。走りまくる甲府が帰ってきた。

試合開始直後の1st playで、初スタメンの吉田の上がりを基点に
あれよあれよとジョジマールのゴールが決まり、
小瀬は一気にヒートアップした。

だが(ここで「だが」と書かなければいけないのが辛い)、
得点直後に、がら空きの左サイドからセンターリングを上げられ、
大久保にヘディングを決められてしまった。
わずか1分間ほどの幸せな時間だった。

甲府は右サイドの吉田の積極的な攻撃参加が素晴らしく
(吉田が上がったところをカバーしていたDF陣のがんばりの賜物だが)
「前へ」の意識がチーム全体にあったように見えた。
これまた初スタメンのブルーノの積極的なしかけもよかった。
(ただ、まだボールの治まりが悪かった気がする)

しかし次第に風上の福岡が支配する時間が増え、
ピンチを招くも、桜井のスーパーセーブにより、
1-1で前半終了。

後半は田中"JUSTICE"主審の独り舞台となった。
甲府側に厳しい判定の連続。
あまつさえPKとは!
(甲府が審判に泣かされることが多いのは、なぜ?)

PKを決められて安間監督が動いた。
林OUT久野IN。
スピードスター久野により、甲府の攻撃が活性化した。
さらに ブルーノ → 大西と攻撃陣を更新。
この交代が効いた。

長らくノーゴールを続け甲府の「師匠」と呼ばれた男、
大西がついにとうとうやっと念願のゴールを決めた。
(このゴールも久野の突破が効いていた)

その後は一進一退。
ロスタイムの大西のヘディングが決まっていれば、、、
惜しくもGK正面だった。

池端→寄井の交代はよくわからなかったが、
黄紙3枚の池端を退避したのだろうか。
寄井にはその体格を生かしてセットプレーでの得点を期待したい

だが、3人の交代から甲府の攻撃が変わった。
狭い局面でのパスから、全員が走る流れるような攻撃に。
この流動的な攻撃が甲府の持ち味だったはずだ。

残念ながら勝つ事はできなかったが、
正直、決定的チャンスは福岡のほうが多かった。
客観的にみれば引き分けでラッキーだったのだろう。
しかしクラブの目標が"Back to J1"である以上、今日の引き分けは痛い。

だが、光は見えた。
安間監督の積極的采配が本来の甲府のサッカーを蘇らせた。
今日は多くのサポーターが希望を持って帰宅できたことだろう。

引き分けという結果に決して満足してはいけないが、
このサッカーを続けていけば結果はついて来るはずと信じている。





スポンサーサイト
# | 2008/03/23 20:04 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
難治性甲府性視野狭窄症
2008年03月09日 (日) | 編集 |
なんといいますか、12000人以上のため息が聞こえました。
千葉とのTMでは多少は見えていたサイドへの展開が、またまたなくなって
いたように見えました。

狭いところ狭いところを無理矢理こじ開けようとして、、、、
この視野狭窄症は難治性ですね。

FC岐阜はおみごとでした。
DFラインを高く保ち、甲府の中盤にこれでもかとプレスをかけ続け、
甲府の形を作らせませんでした。

甲府対策として、引いて守って甲府にすきにやらせて甲府のミスを待ってカウンター
というのが一般的ですが、FC岐阜は引くことはなく、甲府に好きにさせることを
できるかぎりさせないようにチーム全体が意識し、これに成功していました。
つまり、甲府は岐阜とガチにやりあって、引き分けたということで、、、、
正直、同点に追いつかれてからは、甲府はばたばたしてしまい、岐阜ペース。
よく負けなかったなというのが本音です。
これではJ1復帰とか到底あり得ません.

まあ数少ないチャンスで大西師匠が決めてくれていれば、、、、
また違った展開になっていたかもしれませんが、、、、、、、、

羽地は得点は決めたのですが、ボールの治まりという点ではとてもとても
評価はできませんでした。

前田もいま一つであったし、、、美尾のほうが可能性を感じましたね。
そうそう、林はもういいのではないでしょうか。
田森使ってください。

ほんと開幕戦に勝てないとは言われていましたが、
ここまで勝てないとは!

1週間で立て直してきてほしい。(失った勝ち点2は戻らないけど)

(あっ、失点ですか? DFがミスして1~2失点はデフォルトですから、
あえて触れませんがなにか?)
# | 2008/03/09 17:35 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
いよいよ開幕
2008年03月08日 (土) | 編集 |
いよいよ2008年のシーズンが始まる。
新しいゲートフラッグも用意した。
J1復帰へ向けて「負けられない」シーズンだ。

初戦の相手は、今期JFLからJ2に参入したFC岐阜
(JFLとJリーグは別の組織だから昇格じゃないのね)

監督が以前VFKで指揮をとった松永さん。
SBに昨年まで在籍していた奈須がいる。
なんかもう甲府の手の内はばればれでょう。
というか甲府はこれまでどおり、甲府スタイルを貫くのみ。

J's goalの戦力分析にあるような岐阜が目標としている
「局面で数的優位を作る流動性の高いサッカー」と正面から対決することを望む。
(Jリーグでの記念すべき初戦からドン引きカウンターサッカーをやるはずはない!
と岐阜FCを信じてます)

千葉とのTMで解決の糸口が見えなかった問題に、
何らかの解答が得られていることを期待したい。

明日は小瀬全体を青赤プラカードで染める計画がある。
お手伝いできないのが申し訳ないのだが、現場で協力します。

そうそう、忘れていた。
VFKはJリーグ通してなんと「開幕戦で勝ったことがない」(はず)
こんな縁起のよくないことは今年で終わりにしましょう。

# | 2008/03/08 22:06 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
最後1/4の問題は解決、、、せず?
2008年03月01日 (土) | 編集 |
めちゃくちゃ風が強くて寒い寒い小瀬陸上競技場でしたが、
VFK中毒で禁断症状が出ている物好きたちが3500人。
千葉サポが500人といったところでしょうか。

とにかく寒かった。試合の内容もちょっと寒かった。

桜井
杉山 山本 池端 井上
藤田 林 大西
宇留野 羽地 前田
というスタメン。

千葉では巻が復活してました(がんじょうなやつだ!)

相変わらずのショートパス大会を展開していました。
だけど、狭い範囲に閉じこもるだけではなくて、
開いた逆サイドへのロングパスもあり、
昨年よりも攻撃パターンは増えているように感じました。
しかし、相変わらずなのはシュートにたどり着けない点。
このclosingの問題は未解決と思われます。
もっとシュートの意識を!

調子がよさそうに見えていた大西が右膝を痛めて、
石原と途中交代。ちょっと心配です。
もっと心配なのが前田くんです。
まだチームにフィットしていないというか、
姿が消えている時間が長かったように思えますし、
甲府の2列目3列目が彼をうまく使えていないように見えました。

後半にジョジマール・ブルーノが投入されて、
(ブルーノにはミスはありますが)攻撃が活性化したように見えました。
それにしても決定力が、、、、
こればっかりは神頼みしかないのだろうか?

守備ではキャプテン秋本を欠いたCBに山本が回りました。
池端とのコンビはよかったです。(相変わらずのポカミスがありましたが)
SBとCBの連携でサイドの裏のケアはできていたように見えました。

GKの桜井はよく声がでていました。ファインセーブも何回もありました。
ただ、藤田へのスローがミスになり、ここが起点となって、
簡単にクロスをあげられ、巻に復活祝いのゴールを献上したのは
いただけない。その後は声もでず、前半で交代。
後半の鶴田が安定していただけに、今日のミスは痛かった。


どうも眠っていたらしい。失点は後半。ミスは鶴田だったのか。
ごめんなさい→桜井。

千葉に0-1で負けたという結果よりも、
昨年からの課題である最後のところの問題が未だ解決していない
(ように見えた)のがちょっとショックでもあり、
「そんなに甘くないか」と納得しつつもあり、
開幕に向けて不安が掻き立てられたトレーニングマッチでありました。

千葉では、やっぱり巻でしたね。
あと6番、9番(青木じゃん)にやられてました。
DFの新外国人も強かったですね。


# | 2008/03/01 21:24 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。