っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
大木監督 退任
2007年11月30日 (金) | 編集 |
「大木監督 今季限りで退任」
11月30日の山梨日日新聞に記事が出ました。

大木監督、3年間ありがとうございました。
孫の代でなければ見られないと思っていた、甲府のJ1昇格を
生きて見られた幸運を与えてくれて、本当にありがとう。
新天地でのご活躍を期待しています。

さて、この記事を読むかぎりでは、甲府の将来は真っ暗だ。

クラブはJ2降格決定を受け、監督人事について協議を重ねていた。
サポーターから続投を求める声が寄せられ、存続の危機にあったチームを
J1に導いた最大の功労者であることから話し合いは難航。
しかし、指揮が通算4季にわたる上、攻撃サッカーを継承する新監督を招聘すれば、
これまでのスタイルは大きく変わることはないと判断、
新体制でJ1再昇格を目指す結論を下した、



「クラブはJ2降格決定を受け、監督人事について協議を重ねていた。」
→ それはそうでしょう。

「サポーターから続投を求める声が寄せられ、」
→ このあたりが甲府が甲府であるところ。普通のクラブではサポーターから解任を求める声が殺到していたことでしょう。

「存続の危機にあったチームをJ1に導いた最大の功労者であることから話し合いは難航。」
→ 確かに奇跡を引き起こしてくれました。

「しかし、指揮が通算4季にわたる上、」
→ もう4年もたったのか、、、って、2002年も通算してということですね。

「攻撃サッカーを継承する新監督を招聘すれば、」
→ ここは突っ込むところでしょうか。

「これまでのスタイルは大きく変わることはないと判断、」
→ これは釣りでしょう。

「新体制でJ1再昇格を目指す結論を下した。」
→ これまた壮大な釣りなのでしょうか?

まず「攻撃サッカーを継承する新監督」って、、、
こんな条件を呑んで甲府に来てくれるS級ライセンス保持者がいるのか?
仮に物好きな方がいたとしても、
サッカーの監督は自分自身のスタイルを持っているはずだ。
そのスタイルを棄てて、こんな条件付きで引き受けてしまう監督でいいのか?

さらに「これまでのスタイルは大きくかわることはない」って、、、
大きく変えたくないなら大木監督をなんとしても慰留すべき。
スタイルを大きく変えるための監督交代だろう。

とどめは「新体制でJ1再昇格を目指す」って、、、
寝言はクラブハウスと専用練習場を確保してから言ってください。
J1の2年間でも選手たちの厳しい練習環境には、ほとんど変化がなかった。
数字上の黒字は出ているかもしれないが、それを形にしていく努力を
フロントはしていたのか?

来季J1昇格を狙うなら、大木監督を慰留して大型補強。
残念ながら大木監督が固辞して、慰留に失敗したのだから、
新監督のもと、新しいスタイルで若手育成を行い、
数年後のJ1復帰を目標にすべきなのではないだろうか?

スポンサーサイト
# | 2007/11/30 08:12 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
vs柏 探検終了
2007年11月24日 (土) | 編集 |
CKからの秋本の素晴らしいシュートで同点に追いついた直後。
藤田の美しいシュートがポストを揺らした。

甲府のJ1探検が終わった。

あの藤田のシュートが決まっていれば、
最終戦に望みが残っていたかもしれない。

2年前、昇格を決めた入れ替え戦。
その相手であった柏に引導を渡されたのだから、
ある意味、諦めがついた。

選手たちはがんばっていたように見えた。
つきがなかった面もあった。
紙一重のところで逃した勝ち点。
その積み重ねが17位という結果だ。

今年は、あそこでこうしたら、、、
と振り返って悔やむ試合が多かった気がする。

来年はJ2。新たな気持ちで始めよう。
J1の2年間でクラブもサポーターも得たものは大きかったはずだ。
それを生かすも殺すも来年だろう。

次は今期最終のホームFC東京戦。
サポートしに出かけよう。

# | 2007/11/24 16:20 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
vs大宮 パスサッカーの呪縛
2007年11月18日 (日) | 編集 |
このところ付き合いのよい熊さんが牛さん相手に1-1と引き分けてくれて、
勝ち点差4は変わらず。残り試合数だけが3から2へと減った。

勝つべき試合だった。
勝てる可能性はあった。
シュートは打った。
だが最後の決定力がなかった。

前半、風上に位置した甲府。
これまでに比べるとシュートの意識は高かったと思う。
積極的に打つ姿勢はあった。
池端が1本打っていたが、もっとミドルシュートがあってもよかったか、、、

問題は後半。
後半20分にアルベルトを羽地に、27分に石原をラドンチッチに替えた。
この監督の意図を選手たちは理解していたのだろうか?

ハイボールに対する大宮の守備は、それほど強いものには見えなかった。
だからこその、羽地・ラドンチッチの投入だろう。
であれば、パスを繋ぐのではなく、もっとシンプルに、
ゴール前に放り込んでもよかったのではないだろうか?

選手たちがパスサッカーに捕われすぎているとしか思えない。
もっと言えば、後半頭から羽地とラドンチッチ投入、
あるいは、スタメンでこの二人を使うという大胆な方針変更ができなかった、
大木監督がパスサッカーに捕われていたということか。

相手の弱みを突くことをしない、つねに真っ向勝負を挑む、
その姿勢は美しいかもしれないし、それが甲府の魅力でもある。
だが、勝負は勝ってこそだろう。
エンターテイメントだって勝ってこその話だろうに、、、、

まあそんな方針転換ができているようなら、いまこの順位にもいなかったか。
織田・徳川連合軍の鉄砲隊に突撃して美しく散った武田騎馬軍団ってところか。
(最近の研究ではこういった捉え方には異論があるらしいが、、、)

大宮の鋭いカウンターで、あわや失点という場面もあった。
あそこで決められて、今節で降格決定でもおかしくなかった。

だが、まだサッカーの神様は甲府に引導を渡してくれなかった。
まだ死にきれないようだ。
残り2試合。2連勝して広島・大宮が転ぶのを待つしかない。

"Heaven helps those who help themselves."
# | 2007/11/18 22:42 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
「他力本願」 この奇跡の芽を生かせ
2007年11月11日 (日) | 編集 |
崖っぷちランキングを争う広島・大宮にプレッシャーをかけるどころか、
いつものパターンで神戸に大敗した甲府だが、
まだサッカーの神様(というのがいるらしい)は甲府を見捨てていなかった。

まず清水vs広島
広島が先制するも、すぐに追いついた清水が後半2点とって、
3ー1。

ついで大宮vs大分
スタジアム改装お披露目で開始3分で先制した大宮だったが、
ロスタイム間際、大分に勝ち越しを許し、
1ー2。

残りゲーム数は減ったが、勝点差は変動しなかった。
もうここまで負け続けている甲府に(かすかではあるが)「まだ望みがある」状態って、
正直、奇跡以外言葉がない。
本当にありえない展開。

でも昇格したときだって奇跡の連続だったんだ。

あの昇格のとき札幌戦・京都戦・柏戦での甲府の姿を
もう一度見せてくれ。

他力本願でもなんでもいい。
この奇跡の芽を育てて、なんとか残留を勝ち取ってくれ。

残り3戦、サポは必死で応援する。




# | 2007/11/11 18:57 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
vs神戸 無責任パス(ミス)サッカー
2007年11月11日 (日) | 編集 |
BS-iの解説の金田さんに命名されてしまった。

パスのためのパス。
アリバイ作りのためのパス。
一人ではチャレンジしない(できない?)からパス。
まあそういうことだ。

サイドチェンジがないことは相手にもしっかり分かっていたし、
あれだけミスを重ねては(徳島には引き分けられても)
J1のチームには勝てないだろう。

ボランチの林に渡ったところを集中的に狙われていたが、
これは林のミスじゃなくて、パスをもらう場所を
予想されてしまう周りの責任だろう。

ガンバ大阪との初戦のアルベルトの得点という成功体験に
とらわれすぎているのかな~。

残り3試合。
サポーターは応援する。
頼む。気迫を見せてくれ。


# | 2007/11/11 04:14 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
vs徳島 天皇杯4回戦 走らない甲府はただの××だ
2007年11月04日 (日) | 編集 |
勝ったということが収穫なのか?
いや、交代した選手、大西・羽地・木村が活躍したことが収穫。

正直、後半は負けを覚悟した。
相手のミスに助けられて決勝点を奪われなかっただけ。
延長になって徳島の足が止まりなんとか勝てた。

甲府はとにかく走らない。動かないでボールを回し、
止まった状態でボールをもらうから、
ボールを奪われる。

甲府のボールになっても動き出さない。
ゴール前に2列目どころかDFからも、何人もの選手が湧くように現れた、
あの流動的な甲府の攻撃はどこにいった?

山本に替わり入った大西が走り回っていた。
彼が一人で気を吐いていたように思えた。

途中交代で入った羽地。
決定的なところで外したのはいただけないが、
きっちりと仕事をしたのはよかった。
徳島サポにブーイングされていたが、恩返しってやつだな。

これまた交代で入った木村。
シュートをちょっと躊躇したところが見られたが、
最後、思い切り良く決めてくれてよかった。
初得点おめでとう!

延長に入って、何人もの甲府の選手の足がつっていた。
こんな光景を見たのは久々だ。
走る事を思い出させてくれた一戦となってくれれば、
いいのだが。

走らない甲府はただの豚だ!
パスを回すのはそれからだ。
走れ甲府!!!

# | 2007/11/04 17:41 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。