っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
パスサッカーの意味
2007年10月30日 (火) | 編集 |
ど素人の戯言なんでご容赦のほどを。
甲府と言えばパスサッカーなんだが、その意味を考えてみた。

先日のマリノス戦でも見られたシーンだが、
甲府の攻撃の場面では、コートの半分しか使われない。
極端な形になると、相手側半分の右か左、コートの1/4に
選手が集中している。

普通の場合(甲府以外)、攻撃はある程度幅を広げて、
ゴールを中心に左右に展開していくことが多い。
左右どちらかに偏ることがあっても、
甲府のように1/4のエリアに集中するということはない。

甲府のこの極端なシフトは、
個人能力での突破ではなく、
狭い範囲に選手を投入し、数的優位を作り、
パスを回して突破していくことを目的としている。

問題は甲府がこの極端なシフト「だけ」を行うことだ。
シーズン当初は相手側の対応が遅く、
目論見どおり、このシフトが成功していたこともあった。
だが、シーズン中盤からは、甲府のこの戦術に対する、
対抗方法ができてしまったように思える。

対抗方法は単純だ。
甲府のOF陣は、コート半分に集中している。
当初、DF陣は恐くてコート半分に集中することはできなかった。
(いつ逆側に振られるかわからないから)
だが、甲府の攻撃はいつでもコートの半分から。
だから相手DF陣は思い切って甲府のOF陣のいる側に
集中することができるようになった。

結果、甲府が望んだ数的優位は得られない。
コートの1/4に相手も含めた選手が集中するため、
パスミスも頻発する。カットされてカウンター。
いつもの失点パターンだ。

左右への素早い展開。
これが加われば甲府のパスサッカーが復活すると思うんだが、
どうだろうか?

(そんなこと言われなくても監督・選手はわかっているとは思うんだが、、、、)





スポンサーサイト
# | 2007/10/30 13:33 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
vs横浜FM 望みはまだあるが、、、
2007年10月27日 (土) | 編集 |
こういう試合もある。
左SBがマークを外し失点。
なんとか追いつき、これからというときに、
左SBが黄色紙2枚で退場。
結局引き分け。

退場になった選手を攻めているわけじゃなくない。
あの退場で甲府のゲームプランは崩れた。

なんで1枚もらっているのに、遅れてスライディングするかな~~~~。
退場するまではピンチもあったが、甲府の押せ押せムードだったんだが、、、

CKからの池端のヘッドが決まっていればとか、思う事もあるが、仕方ないか、、、

負けなかったので勝ち点1は積み上げたが、
すぐ上位の広島が引き分け(ロスタイム2失点なんてプレゼントで、、千葉GJ!)
大宮が降格の決まっているFC横浜に勝ったため(前半のチャンスが決められていれば、、、)
16位との勝ち点の差は4に広がった。(追いつくには2試合必要)

残り4試合。神戸A、大宮H、柏A、FC東京H。
2勝できるだろうか?2勝しても勝ち点32。

勝ち点30の広島、大宮の対戦予定は、
広島が 清水A、神戸H、川崎A、G大阪H。
大宮が 大分H、甲府A、FC東京A、川崎H。

広島は0-0-4もあり得るか?0-1-3で勝ち点31。
大宮には甲府で負けてもらうとして、1-1-2を希望。で勝ち点34。

うーん、神戸とFC東京が鍵を握る事になったか、、、、
なんとなく日立台で降格が決まるような気がして、、、

人事を尽くして天命を待つしかない。
まだ諦めない。
# | 2007/10/27 22:40 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
vs千葉 ロスタイムで失った勝点
2007年10月06日 (土) | 編集 |
残り7戦。
どうしても勝点3が必要なホームでの戦いであったが、
またもロスタイムに失点。
この結果、よくて入替戦。
大宮の今後の対戦相手を考えると、
おそらく自動降格、、、、

前節の川崎戦に続き、ロスタイムでの失点。
これで勝点4を失ってしまった。

甲府のポリシーである、リスクを背負って攻める
という姿勢を貫くことは尊いことだと思う。
だが、個々のゲームにおいて、流れを読んで、
その姿勢を修正できる技術、というか良い意味での
「ずるさ」も必要なのではないか?

今日のゲーム。前半の木村の超特大のチャンスを外しては、
勝てない。絶対に勝てない。
(あれはなにがなんでも決めてほしかった)
後半になっては、ピンチの連続。
流れは完全に千葉だった。

であるならば、ロスタイムに入ったところで、
0ー0でよしとすべきだったのでは?

3枚目の交代カードで試合を止めて、時間を稼ぎ、
安全策をとらせるというベンチワークはなかったのか?

悔いが残る2試合だった。

選手たちが全力を尽くしていることはわかる。
だが、努力するだけではダメだ。
結果が全て、といわなければならない状況なんだ。

サポーターは最後までチームを信じて応援する。
だからどんな形でもいい。結果を出してくれ。
# | 2007/10/06 19:58 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。