っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
最終 福岡戦で米長哲学を示せ
2006年11月27日 (月) | 編集 |
「米長哲学」あるいは「米長理論」という言葉をご存知な方は、将棋ファン。

「自分にとって消化試合でも相手にとって重要な対局のときは相手を全力で負かす」
というpolicyだ。

言い出しっぺの米長邦雄氏は山梨県出身。
氏の著書「人間における勝負の研究」より

人生にはこの運の大きな波が何回かあり、小さな波は小刻みにたくさんくる。大きな波にうまく乗れるか、あるいは呑(の)み込まれてしまうか、それが人生の岐路となるのではないでしょうか。

 これは当然のことであり、ごく普通の見解でしょう。問題はその先で、「では、いったいどうすればその運をつかまえられるのか」なわけです。そして、それを一言で言ってしまうと、自分の利害には大した影響のない勝負で、必死に頑張ることです。



大相撲の某力士の成績が連続8勝7敗で終わるような、
「空気が読める」世界では考えられないことだが、
将棋界では、いまや当然の考え方となっている。

そこで最終節、away福岡戦。
J1残留のチャンス、入れ替え戦への切符を手にするには、
福岡は勝ってC大阪の結果を待つしかない。
J2の3位を仙台と争っていた昨年の甲府と同じ立場だ。
まさに福岡にとっての大一番。

対する甲府は負けてもJ1初年度の順位が下がるだけだ。
こういうときこそ、全力で勝ちにいかなければならない。

福岡とは昨年J1へ上がった、同期ともいえる存在。
だが、勝負は勝負。
ここで躊躇してはサッカーの神様の逆鱗に触れることになる。

全力での最後の戦いを期待する。
(こんなことは言わなくても監督・選手は充分承知なんだろうけど)
スポンサーサイト
# | 2006/11/27 01:57 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
vs千葉 勝てなかったホーム最終戦(コールは返そう)
2006年11月26日 (日) | 編集 |
ううううう、勝ちたかった。
勝てるチャンスはあった。
勝てなかったことを次に繋げよう。

いろいろはこちら

開始早々の山崎の得点は見事!
その後の、バレーのシュートが決まっていれば、、、、、、、、、、、orz
山野さんに「キーパーに当ててる」とか言われちゃって、、、、、、、、、orz

CKのクリアがDFの背中に当たって、阿部の足元に転がる不運。
あれは仕方がない。(バレーは責められないよ)
その後も攻めつづけて得たチャンス。
ついに決まった「将軍」藤田のFK。
beautiful goalだった。

本当に強いチームは、この流れで勝てるはずだ。
だが、後半になって甲府の足が止まりだす。
千葉が本来の運動量でセカンドボールを拾い捲る。
甲府の選手の1歩が遅い。

んで、ルーキー青木君に絶妙のアシストされて、
羽生にぶち抜かれました。さすがでした羽生。
あれを止めてたら阿部は神だったんだが、、、、、、

2-2に追いつかれたところで、大木監督は動くべきだったと思う。
甲府は明らかに足がとまっていた。
ボールを追える選手を投入すべきだった。
山崎に代えて宇留野、茂原に代えて須藤のカードを切るべきだったと思う。

交代しないまま、ボールを支配され、DFの裏に入れられて、
(アライールのカバーがな~~~~)
青木に決勝ゴールを決められてしまった。
(2試合目で1アシスト1ゴール、恐れ入りました)

問題はその後。
バレーの(難しいボールだったとは思うけど)キーパー正面へのシュート。
大西のどフリーで宇宙開発したシュート。
このどちらかを決めて、最悪でも引き分けるべき試合だった。

いくら残留を決めたとはいえ、4日間で2連敗くらうのは辛い。
最終節の結果次第だが、15位あたりになりそうな予感。

来期に向けて慢心するなというサッカーの神様のご意向なのか。
そういう意味では、今日の負けはいい薬になったと思う。

後半になって運動量が増した千葉と足が止まった甲府。
やるべきことはまだある。
来年リベンジだ!

最後になるが、苦言を一つ。
千葉サポがヴァンフォーレコールしてくれたのに、
なんで、コールリーダーはコールを返さない?
天皇杯山形戦でもコールを返さなかった。
恥ずかしいよ。大人になろうよ。
以前の天皇杯ヴェルディ戦で「カモンJ1」に「カモンJ2」と返した前科があるが、
普通に返事しようよ。

千葉サポの皆様、
ヴァンフォーレコールありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。



# | 2006/11/26 20:45 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
ホーム最終 千葉戦に向けて
2006年11月24日 (金) | 編集 |
ささっ、切り替え切り替え。
(甲府サポは、今年本当に気持ちの切り替えが上手になったはず。)

数多くのREDSサポのblogで横断幕の件が言及されているのを読むと、
「サポーターとしての責任」というものを考えさせられた。
明日は我が身かもしれない。甲府サポも他山の石とすべきだろう。

中2日の厳しいスケジュールで日曜日にはホーム最終戦。
探検J1も残り2試合。
小瀬で最後に迎え撃つのは千葉。
巻、阿部、羽生など代表選手を擁し、みごとナビスコ杯連覇を果たした強豪です。

甲府にとって千葉は、昨年の天皇杯以来、走るサッカーのお手本として、兄とも慕う存在。
(マスコットも犬同士だし)
第2節のフクアリでは0-2から2-2に追いつき、
J1初の勝ち点を得ることができました。
(千葉サポのWelcome to J1の横断幕には感激したな~)
甲府の今年の探検が成功していった端緒が千葉戦でした。

8ヶ月ぶりの再会です。
甲府がJ1で積み上げてきた力を測る戦いとなるでしょう。

が、しかし、千葉のリーグ戦の戦績は、
第28節 大宮  フクアリ ●1-3
第29節 名古屋 豊田ス ●1-2
第30節 新潟  フクアリ ●1-3
第31節 ガ大阪 万博   ●0-1
第32節 広島  フクアリ ●0-1
と5連敗中。
天皇杯でもJ1で唯一金星を札幌に提供しています。
不振の原因は、故障者と代表戦の疲れでしょうか。

昨年のホーム最終戦は福岡に0-5とぼろ負けしました。
(まあ、その後がよかったからOKだったんだけどね)
今年はすっきりと勝利でホームでの最後を締めくくってほしいものです。
噂ではキャプテン倉貫が復帰するとか、、、
いよいよ負けられません。




# | 2006/11/24 23:55 | VFK | Comment (3) Trackback (0) |
vs浦和 惨敗だったが
2006年11月23日 (木) | 編集 |
まず最初に、言語道断な横断幕を出したやつら、死ね!
おまえらのやったことは最低だ。
Redsの対応が早かったのはさすがだ。

気をとりなおして。
記憶には前半だけってことで、0-0の引き分けにしておきます。
1試合でPK2本とめたのって、これまであったのか?
阿部、かっこよかったよ。冷静だったし。

秋本が退場するまでは、甲府の良い面が出てたんだがな~
あれだけ裏をとられてはファールで止めるしかなかったのか、、、
山崎がいなくなって攻撃は厳しくなりました。残念でした。
(いなくなって、山崎の重要性がよく解った)

今日はワシントンというよりも、山田1人にやられた印象。
はやい、うまい、決定力ある、、、凄かった。

1点とられて直後の藤田のFKが決まっていれば、、、、
むずかしい状況だったけど、バレーのシュートが決まっていれば、、、
と、まあいろいろ妄想してしまうできでした。

浦和は強かった。スタジアムの雰囲気、サポーターの力、
全てが凄かった。
力負けという感じだった。
だが、甲府の戦いはできた。
同じ完敗でも鹿島で負けたときのような絶望感はない。

今日の敗戦で下を向くことはない。
甲府の目指す戦い方は間違っていない。
本当によい経験になったと思う。

残り2試合。甲府のサッカーを!
# | 2006/11/23 23:02 | VFK | Comment (7) Trackback (0) |
探検J1 君は生き延びることができるか?
2006年11月21日 (火) | 編集 |
さ~~~て、いよいよ迫ってまいりました。
探検J1も残り3試合。
我が探検隊は最大の難関に突入します。

11月23日。埼玉スタジアム2002。収容人数63700。
戦うは、J1現在1位、そう「あの」浦和レッズです。
国内随一のビッグクラブ。前回の天皇杯獲得に続き、
リーグチャンピオンを狙い、ACLそして世界クラブ選手権を
視野に入れているスーパークラブです。

今年はホームゲーム75万人計画実施中。
甲府戦もものすごい動員になりそうです。

前節、鬼門名古屋で、攻め続けながらも、
ヤンセンの1発に沈み、0-1とまさかの敗戦。
2位ガンバ、3位川崎との勝ち点差が3,4と優勝争いは混沌としてきました。
最終節にガンバとの直接対決が残っているだけに、
浦和としては、甲府・東京との青赤2連戦には勝ち点6が求められています。

一方甲府は、ホーム小瀬で大分を2-0と完封。
あの大木監督が開口一番「いい試合でした」と誉める
今期1番のできでした。
順位を11位に上げ、残り3試合。
ひとつでも上の順位を目指して、気合が入っています。

失うものはなにもありません。
注目の集まる首位との対決。BS1でも中継が決まりました。
完全アウェイの雰囲気は、甲府の選手たちを
逆に燃え立たせてくれることでしょう。

応援バスは10台。自家用車・電車組をあわせても
1000人ほどでしょうか? 6万人対1000人。
圧倒的なアウェイの環境で、いかに選手をサポートできるか?
われわれサポーターにとっても、その力を問われる戦いです。

アウェイは苦手としている今年の甲府ですが、
前節からの良い流れに乗って、
強いチームには強い、という甲府の特徴を出して、
勝ち点3が義務となっている浦和にプレッシャーを
かけることができれば、、、、、
勝ち点を得ることも可能ではないかと、
サポーター的には夢想してしまいます。

いまからワクワクドキドキです。
# | 2006/11/21 20:22 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
vs大分 新布陣での勝利
2006年11月18日 (土) | 編集 |
これまで小瀬で勝てなかった大分を2-0と完封。
1桁順位に向けて絶好の滑り出しとなりました。

CBに久々のスタメンとなる秋本、津田を揃え、
右SBに山本、左に井上。
ボランチの林に替わって鶴見。
藤田・石原・バレー・茂原はいつもどおり。
右FWはフェイスマスク付き山崎でした。
(大分の6番梅田もフェイスマスク付けてましたね)

前半から試合のペースを握った甲府。
ボールは良く回り、スペースへの飛び出しも速く、
良いときの甲府が出ました。
1点目のバレーの振り向きざまのシュートは見事!
その前の山崎の左サイドへの突破が良かった。
追加点のチャンスがありながら、最後決めきれず、
っていつものパターンになりそうだったが、
後半、鶴見のシュートが弾かれたところを、
茂原が落ち着いて2点目。
これで楽勝と思いきや、津田が2枚目の黄色紙で退場。
大分に猛攻をくらうことになります。

その後のカウンターのチャンスでしっかり決めておけば、
楽になったのでしょうが、藤田のシュートはバーに弾かれ、
GKとの1対1を(おやくそくのように)バレーが決めきれず、
さらに、「あれはゴールライン割ってただろう」と
言いたくなるようなバレーのシュートも決まらず、、、、
反省点はありましたが、守備陣が体をはって守りきり、
見事完封しました。

久々に先発した秋本。復活おめでとう!安定していました。
安心してみていられました。
津田もよかったんですが、黄色2枚はね、、、反省してください。
右にまわった山本。ピンチに繋がる凡ミスがありましたね。
そこを治してください。
左の井上。よかったです。個人的には山本<井上なんだがな、、、
GK阿部も落ち着いてました。ポジショニングが良かった。

特記すべきは林に替わり久々のスタメン、「巨神兵」鶴見!
今日の鶴見は本当によかった。体も絞れて動きもよく、
体の大きさを生かしたプレーで攻守に頑張ってました。
球捌きがもう少しですが、今日のできならば、
林の兄さんもうかうかしていられません。

攻撃面での反省は必要でしょうが、
5人を入れ替えて、これだけの試合ができる現状は、
素晴らしいと思います。
チーム内での競争が激化していることが、
チーム全体の力を底上げしています。
(キャプテン倉貫、頑張ってスタメンを獲得してください。)

目指すは賞金圏内の7位!(って、これはさすがに無理かな~)
残り3勝、お願いします。
# | 2006/11/18 18:56 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
明日は大分戦
2006年11月17日 (金) | 編集 |
探検J1も残すところ4試合。
ホームゲームは大分と千葉。

残留決まった上にNHKローカルで中継あり、
対戦相手は遠方でミーハーなファンがいる選手はいない、
と、観客動員数的には非常にきびしいのではないかと予想します。

直前情報によると、林に替わり巨神兵が先発という噂。
新は出場停止で、右に山本、左に井上でしょうか。
CBもビジュ+アライールのブラジルコンビから、
秋本+津田という話もあります。
右FWは宇留野と鼻骨骨折しフェイスマスク山崎の争い。
バレー、茂原、藤田、石原は先発だと思いますが、
バレーが黄色3枚でリーチ。もしCBが日本人コンビなら、
ジョジマール先発という策もあるかも。
いずれにせよ、次というか将来を見据えた布陣になるでしょう。

大分には全然勝った覚えがありません。
調べてみましたら、甲府・大分とも1999年のJ2発足時に、
JFLから加わっています。
1999年 1-1 1-2 0-4 1-2v
2000年 1-3 0-2 2-3 1-4
2001年 1-3 0-5 2-3 0-3
2002年 0-1 1-2 1-0 1-2

4年間16戦中わずか1勝orz。
Vゴールを考えても1勝1分14敗と徹底的に鴨にされてます。

2002年に大分はJ1昇格。
2004年天皇杯4回戦で対戦し、マグノアウベスの2発で2-1と敗れています。

甲府がJ1に昇格して久々の対戦となった今年は、
第8節で2-3と負けています。

なんとまあ小瀬では大分に勝ったことがない。
明日はこの暗黒の歴史にピリオドを打って欲しい!

# | 2006/11/17 21:25 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
vs京都 引き分けでの残留決定
2006年11月13日 (月) | 編集 |
やったぜ、ヴァンフォーレ甲府、J1残留決定!

2人も少ない相手に引き分けで、
内容的には押されていたところもあり、
いつものように決定的なところで決められなかった。
言いたいことはいろいろあるけど、
残り4試合でのJ1残留決定は凄いことだ。

「残留が目標ではない」という大木監督・選手たちの高い志があればこそ、
この結果が得られたのだと、感心しつつ感謝している。

開幕直前のサッカー雑誌、今期の予想記事を覚えているだろうか?
甲府はダントツで降格候補No1だった。
社長はJ2落ちの覚悟をされているし、「探検J1」だし。

「1勝もできなかったら、いや勝ち点1も
とれなかったらどうしよう?」と本気で心配していた
サポーターも多かったはず。
そんな心配していた自分が恥ずかしくなるほどの、
堂々とした戦い振りだった。

2戦目で千葉に追いつき勝ち点1、3戦目で川崎に1-0とJ1初勝利。
この2戦が大きかった。
あと、キャプテン倉貫の故障後に、WCによる中断期間があり、
茂原が加入したという、
まさに奇跡としかいいようのない補強。
神様が甲府の残留を導いてくれたとしか言いようがない。

来年もJ1で応援できる喜び(なんて言ったら、監督・選手に笑われるかな?)
をかみ締めつつ、残り4戦、更なる進化を遂げてほしい。
来期のJ1での戦いに繋げる成果を期待しよう。






# | 2006/11/13 22:59 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
明日は京都戦
2006年11月10日 (金) | 編集 |
天皇杯で苦しみながらも山形に勝てて1週間。
明日はawayで京都戦です。

away京都といえば、昨年の最終節。
入れ替え戦出場を決めた、あの一戦が思い出されます。
あれからほぼ1年。
圧倒的な強さでJ1に勝ち上がった京都、
なんとか3位でJ1に這い上がった甲府。
現在の順位を想像することはできませんでした。

以前にも書きました
最終節の京都のFKがもし決まっていたら、、、、
ああ、gkbrですね。

京都は後がありません。甲府・広島戦で2連勝が、
16位を目指す最低条件となっています。
甲府は勝つことで、京都の降格を事実上決定することになります。
これまた昨年との対比で、感慨深いものがあります。

京都の必死さに負けない、これがポイントになるでしょう。
気取ったプレーはいらない。挑戦者として泥臭い戦いを期待します。

YBSで中継するのね、確か。

# | 2006/11/10 20:36 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
天皇杯山形戦
2006年11月05日 (日) | 編集 |
講習会でC大阪戦に参戦できず、今日の天皇杯山形戦も仕事でだめ。
motivation下がりまくりです。

J2の挑戦を受ける身での天皇杯。

J1とJ2に分かれてしまったが、山形とはJ2時代からの長いおつきあい。
はくばくvsはえぬき の「ひらがなダービー」が復活するのは
嬉しくも懐かしくもあります。

だが、山形にしては失うものはなにもなく、
相性がよい甲府には恐れることもなく、
upsetを狙ってくることでしょう。
(そもそもupsetなのか?という疑問もないわけではないが、、、ゴメン)

甲府がJ1に昇格して、これまで戦ってきた、その成果を
示すことができる戦いになることを期待します。


# | 2006/11/05 08:41 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。