っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
ナビスコ杯の意味
2006年04月27日 (木) | 編集 |
昨日はナビスコ杯予選Dグループ第4日。
名古屋との試合だったが、参戦できなかった。
山梨日日新聞とJ's goalの松尾さんのレポート
VFカプリッチオさんのレポートで大体の状況はつかんだつもりですが、
いろいろと見所はあったようで、がっくり。

しかし、慣れというか人間の感覚というのは恐ろしいもので、
甲府がDグループで1試合多い磐田に抜かれたとはいえ、
1勝2分の勝ち点5でグループ2位につけていても、誰も驚いていない。
シーズン前には、グループD以外のサポからは
「甲府がいるグループに入れずアンラッキー」とか言われ、
グループDのサポからは「甲府がいるなんてラッキー」とか言われていたというのに。

大木監督も「全ての戦いをベストメンバーで」という方針を変更したようで、
前の試合の横浜戦からスタメン8人を入れ替え。
長丁場のリーグ戦を見据えてサテライトリーグメンバーを出場させてます。

特にジャンボ鶴見をFWに回すという荒業にはびっくり。
確かにCBには秋本・ビジュが健在で(ビジュは黄色紙多いけど)、
アライールも戻ってくるだろうし、池端・津田もいる。
ボランチも林がいるし、2番手は奈須。
彼を生かす道としてFWというのはありえる話だが、
それを名古屋相手に試してしまう大木監督。好きです。
そして、この与えられたチャンスを生かした鶴見。よくやった!
なれないポジションだと思うけど、ゲームに出ていくことが大切だと思う。頑張れ。
(甲府の練習ではDFとFWが分かれてやることがあるんだが、
いつから鶴見はFWとして練習していたんだろう?)

ナビスコ杯は、決勝トーナメントに進んでも、3位以内に入らなければ賞金なし。
(優勝1億円、2位5千万円、3位2千万円)
チームとしてはなかなかモチベーションが上げにくい状況。
結局、甲府にとって、ナビスコ杯予選は、サテライト以上、リーグ戦未満の位置付けで、
1.5軍の試練の場と化しているわけだ。

これが悪いわけではない。
だが、サポーターとしては、なんとしても決勝トーナメントに進んでもらいたい。

理由は一つ。甲府の試合をもっと見たい&甲府をもっと応援したいから。
特に、ナビスコの決勝トーナメントは、ホーム&アウェイ方式。
リーグ戦とも一発勝負の天皇杯とも違った興奮があると思う。
ガンバとかレッズとかとの勝負を考えると楽しくなる。

リーグ戦の状況が許すのであれば & ナビスコ杯予選の成績がある程度ならば、
ベストメンバーで勝ちに行って、決勝トーナメント進出を決めて欲しいと願っている。
スポンサーサイト
# | 2006/04/27 22:47 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
甲府の幸福
2006年04月25日 (火) | 編集 |
今週のサッカーダイジェストのJリーグ特集。
(って、いつからサカダイは早野さんを雇ったの?)

表紙を見ただけで嬉しくなっちゃいます。
バレー・倉貫・ヤシケンの姿。
(なんで上だけホームユニで下は練習着?という突っ込みなし)

Jリーグ特集「理想と現実」の中で
・ヴァンフォーレ甲府「讃えるべき”一徹さ”」4ページ
・大木監督x信藤健仁対談「エンターテインメントを掲げる理由」3ページ
・「甲府を知るための6つのポイント」小倉隆史1ページ
・インタビュー林健太郎「甲府サッカーの”真髄”」2ページ
と甲府三昧。

加えてゲームレポートで1ページ。
9節のベストマッチに甲府vs横浜。
ベストイレブンにバレー・林・山本。

さらに
信藤健仁さんのフットボール放談で1ページ、
編集長のコラムダイジェストで半ページ、
と、これでもかあ!といわんばかりに甲府を取り上げてくれました。

横浜に勝利した直後の発売というタイミングもあり、
県内では売り切れ続出らしいです。
しかしサカダイ編集部もマリノス戦の直後というタイミングで
甲府特集(実質そうなの)を組んでいたなんて、
慧眼というか無謀というか、とにかく大博打。

「13人目の選手」松尾さんのレポートもそうだけど、
甲府のサッカーには見る人を熱くさせるものがあって、
それがサッカーダイジェスト編集部にも大博打を打たせたんじゃないかと思う。
(結果的には大成功だと思うけど。)

見る人を動かす、感動させる甲府のサッカー。
その本質が何なのか、このにしんさんのブログを読んで、
感じ取れた気がする。


それは無駄かもしれない。
けれど、それらの無駄は、いつか。
無駄ではなくなる、と、信じている。

「ムダな」動きを無駄にしない、
できる限り必然にしようとするそのメンタル。
それが、何より心を打ちます。



自分のできる一つ一つのプレーが、無駄に終わってもいい。
きっとチームが、無駄になんかは絶対にしないから。
そういう覚悟がなければ、出来ないサッカーです。



甲府のサッカーは時々、スラムダンクの湘北に喩えられますが
(荒削りだが、つぼにはまったときは強いみたいな)
その中で語られたチームメイトへの「信頼」、これが甲府のサッカーを支えていると思う。

この世知がない世の中で、チームメイトへの「信頼」を元に自らの「無駄」を厭わない姿勢。これぞ甲府の真髄。

こんなチームを応援できる「幸福」に浸っています。
ありがとうヴァンフォーレ甲府。


# | 2006/04/25 21:45 | VFK | Comment (4) Trackback (1) |
他チームサポが見たマリノス戦
2006年04月24日 (月) | 編集 |
同日に行われたのが福岡vs新潟(福岡、初勝利おめでとう!)のみ。
NHK-BS1での中継ということで、サッカーフリークな他サポ様たちが、
かなり甲府vs横浜戦を観戦なさってました。

そして今日もまたスタジアムへ
ザビ☆エルのサッカーとワイン日記
Hang Tough
Kussy SIDE デイズ
サッカーとか、FC東京とか
風子(ぷうこ)の日記
mi-co’s diary
小波警報
サッカーのある幸せ
Hurrah! Hamamatsu HondaFC:甲府 1-0 横浜FM

小瀬まできていただいた方もいるようで、本当にありがとうございました。
# | 2006/04/24 15:33 | VFK | Comment (1) Trackback (1) |
vs横浜 あきらめない想い
2006年04月24日 (月) | 編集 |
全国??千万人のヴァンフォーレ甲府ファンの皆様。
昨日のNHK-BS1での放送、「エンターテイメント」を堪能していただけたでしょうか?
幸いにも14615人の一人となれた私は、舞い上がってます。
(筋肉痛だけど)

王者(元かもしれないが)マリノスに真っ向から勝負を挑み、一歩も譲ることがなかった甲府。
0-0のまま後半ロスタイム2分も両チームの攻防が続き残りわずか。
甲府のバレーを狙ったロングボールがオフサイドとなり、横浜が右からアーリークロスを入れる。
ボールが左に流れてゴールライン際へ。マグロンが追う。

正直、これで終わりだと思いました。
「横浜相手によくがんばった」「連敗のあとの勝ち点1、よかったよ」
そう思ったのは私だけではないはず。
これは「あきらめ」だったんだ。
ピッチには最後まで「あきらめない」やつらがいた。

左ゴールライン際へボールを追った褐色の彗星ビジュ。
マグロンからボールを奪うと、右サイドぎりぎりを怒濤のドリブル。
たまらずマグロンはセンターライン付近でファールで止める。
ビジュがリスタート。後ろから走り込んだ石原へ。
その石原を追い越して右サイドへ走り込む藤田。
その藤田の動きに那須がつられる。
この一瞬の隙にに石原がゴール前へクロスを上げる。

パワープレーに出ていた横浜のゴール前には河合と中澤の2人。
ゴール前に走り込んでいたのはCBの秋本(なぜ、そこにいるんだ?!)
秋本のヘディングは空振りだったが、河合がつられた。
秋本の左に走り込んでいたのが堀井。
GK榎本は秋本と堀井につられていた。
堀井の動きに中澤もほんの少しだが左に動いた。
結果、堀井の左に走り込んだバレーがフリーに。
バレーのヘディングに中澤が右足を伸ばすがわずかにとどかない。
値千金のゴールが決まった。

ビジュ、渾身のドリブル。
藤田の「無駄」走り。
石原の神懸かりクロス。
秋本・堀井・バレーのゴール前への走り込み。
(実はこの3人の後ろには倉貫も走り込んでいた)

この動きが後半ロスタイムにできた甲府。
「素晴らしい!」としか言いようがない。
いやほんと、私はゴール裏で泣いてました。

昨年の高校サッカーでの野洲高校の決勝点のあの感動にも
優るとも劣らない素晴らしいゴールでした。

タイムアップのときひざまずいて雄叫びするビジュの姿に感動。
イエロー累積で次節出れないけど、体をはったディフェンスもすごかったよ。
山本も今日は完璧でした(本当は1回ミスがあったけど)。
まあ全員すばらしかったということで。

湯浅さんにも誉められていたようです。
J's goalの松尾さんのレポートが楽しみですね。

NHKの放送の最後で選手たちを迎える社長の姿がちょこっと映ってましたね。いいな~こういうところが。
あと、大木監督、笑顔が最高でした。

# | 2006/04/24 08:47 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
シェフの気まぐれ○○○ を登録
2006年04月24日 (月) | 編集 |
JBA甲府
シェフの気まぐれ○○○を登録しました。

登録などのご要望はJBA*BBS甲府スレッドまでお願いします。
スタジアムの守護神
2006年04月21日 (金) | 編集 |
といえば、ふつ~はGK阿部だが、今日は別の話題。

皆さんはAEDという装置をご存知だろうか?
Automated External Defibrillator(自動体外式除細動器)

除細動というのは心臓の痙攣(細動)を電気ショックで直すこと。
体外式だから体の外から心臓に近づけて使う。(体内に留置するタイプもあり、こちらは体内式。)
昔は心電図の波形を見て「心室細動だ」と人間が判断してから、電気ショックをかけていたマニュアル式だったが、
心電図解析するコンピューター搭載で自動式になった。

このAEDが昨年の愛地球博で活躍したのは有名。
突然倒れた何人もの観客を近くにいた人たちがAEDを使用して救命している。

小瀬にも8000人以上の人が集まる、今日この頃。
集まれば集まるほど突然倒れる人が出る確率が上がる。
小瀬では3年ほど前だろうか、メインスタンドで倒れた観客の方がお亡くなりになった。(くも膜下出血だったらしいが)
そんな悲劇を少しでも減らそうと、今年から、小瀬のスタンドにはAEDを持った医師・看護師・救急救命士がいる。

ゴール裏とバックスタンドは、ほぼ中央の最上段。
メインはホーム側入り口の上部あたり。
蛍光の薄緑色のジャケットを着て目立ってます。
(実はAEDはもう一台、ピッチにも準備されている。
こちらは選手・審判用。)

彼らは救急医療の専門家。AEDと緊急連絡用携帯電話を身につけて、スタジアムでの突発的な事故に備えている。
まったくのボランティアで、今年からホームゲーム全試合に登場。

もしスタジアムで誰か倒れたら、救急措置(BLS)を始めると共に、
AEDを持った彼らを呼びに行って欲しい。
早く除細動できればそれだけ助かる確率が上がる。

彼ら隠れたスタジアムの守護神が活躍しないことを祈りつつ、
彼らの努力に感謝したい。

# | 2006/04/21 22:08 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
負けたらしい
2006年04月16日 (日) | 編集 |
出張でここ2日VFKのことに触れられませんでした。
山日を読んだ感じでは、善戦したけど負けてしまったようですね。

リーグ戦、初の連敗。(J2ではよくありましたがね)
次のマリノス戦がものすっごく重要になってきました。

# | 2006/04/16 07:56 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
お菓子は甘くない vs磐田
2006年04月13日 (木) | 編集 |
まあ、いつかどこかで見たようなシーンなんだが、
甲府のロスタイム失点病につける薬はないものだろうか?

飯田産業磐田を迎えてのナビスコ杯Dグループ予選2日目。
(磐田サポの方々。アウェイユニフォームは全然大丈夫です。
あの素敵なロゴは目立ちません。期待していたインパクトはなかったです。)

林、バレー、宇留野、太郎がベンチというサテライトリーグメンバーで臨んだ甲府ですが、立ち上がりは悪くなかったです。
初先発のCB津田もがんばっていたし、ボランチまかされた奈須もOKでした。

しかし前半13分、左SBまつ~だのミスからボールを取られ、難なく決められてました。まあ自陣でのミスはいかんね。
1失点はデフォルトですからあまり気にしないけど、
松田選手前半はちょっとミス多かったです。

後半は甲府ペース。堀井と山崎の動きがよかった。
後半4分に山崎が今シーズン初ゴール。
このあと、林の兄さんも甲府移籍後初ゴールを決めてくれて、
ゴール裏はヒートアップ。
(得点後にゴール裏のサポのとこまで来てくれた、
林の兄さん、ありがとう&おめでとう!すっごく嬉しそうだったし嬉しかったよ)

その後も3-1にする惜しいチャンスが2回ほどありながら、
決めきれないのがいつもの甲府ペース。
(あああああ、克哉あれをはずすとは情けない)

で、結局ロスタイムの失点になるんだが、
その直前、甲府の左サイドでボールをキープしていたとき、
なんでDFラインがあんなに上がっていたかな。
FW3人でキープさせておいて、DFはまったり守っていれば
あの失点は防げたような気がする。
キープしきれずにボールを奪われたのも問題だが、
守りきってしまおうという意思統一はできていたのだろうか?

とにかくJ1ではサイドからフリーで上げさせたらダメです。
決定力が半端じゃないです。
それにしても右SBに回った山本。不運がついて回っているとしか思えない、、、、がんばれ。

これがリーグ戦ではなかったことが唯一の救いかもしれません。
(藤田が復活したのも大きいか)
次は中2日アウェイで大分戦。
勝ちきることの難しさを体験したことを無駄にしないで頑張ってくれ。

(しかし、なんだ、磐田相手に引き分けて素直に喜べないようになった自分を誉めるべきなのか、どうなのか、、、、)
# | 2006/04/13 02:08 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
明日は(もう今日か)ナビスコ杯飯田産業磐田戦
2006年04月12日 (水) | 編集 |
もう今日のことですが飯田産業磐田戦です。

プレビュー練習見学によるとスタメンを大幅に変更するとのこと。

バレー・林が抜けてチームがどうなるのか?興味津々って、、、
大丈夫なのか?
これで磐田に引き分け以上だと、
某2chの降格スレで人間力祭りになることは必定。
(これで話がわかるあなたはオタク3級)

CBに津田が復活するとも予想されています。ちょっと嬉しい。
今は大雨ですが、天気もなんとか回復するようですし、
平日のナイターという厳しいところですが、
(あの噂のユニフォームをこの目で見てみたいし)
頑張って応援です。
# | 2006/04/12 01:57 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
vs新潟 惨敗
2006年04月09日 (日) | 編集 |
昨日ですか?何かありました?
やたら寒くて雪が舞っているようなところで何か?
と、忘れてしまいたいけど、忘れてはいけない。
「4.8松本の惨敗」は甲府の再スタートに必要なことだ。

応援で負け、気持ちで負け、運動量で負け、試合に負け、
もうがっくり。

新潟の前線からのプレスにより甲府はなにもできなくなりました。
前半はそれでもまだがんばっていたと思う。
後半2分の失点が痛すぎた。
甲府の弱点左サイドからの失点。
J2山形からのお付き合いですから鈴木監督は見逃さないですね。

中盤の林の周囲へのプレスにより甲府の攻撃を遮断。
奪ったボールをすばやく前線に。
甲府がやるべきことを逆にやられての敗戦。
秋本もあんなところで退場するなよ、、、

はい。名古屋に勝ち、セレッソ大阪に勝ったことで舞い上がってました。
正直すまんかった。

J1甘くないってことが、否ってほどわかりました。
必死にやらなければだめです。サポも。

長い目で見て、あそこで負けたのが良かった、
と言えるように立て直していこう。
問題点は全て出た。あとは対策だ。
次のナビスコ磐田戦に注目。
# | 2006/04/09 10:58 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
明日は松本決戦!
2006年04月07日 (金) | 編集 |
さ~て、明日は3年の時を経て、アルウィンでの新潟戦です。

対決の舞台となるアルウィンは、松本空港のすぐそば。
松本平広域公園の中の、球技専用で適度の傾斜があり、
ピッチとの距離がめちゃくちゃ近い素晴らしいスタジアムです。
このスタジアムを体験するだけでも松本に行く価値があります。
アルウィンはJリーグ入りを目指している松本山雅のホーム。
選手として三本菅(懐かしい!)、土橋、白尾(今年から)が登録されています。

3年前は、「平成の川中島合戦」と銘打って、
J2首位であった新潟と対決し、小倉・水越のゴールで2-1と撃破。
その試合のダイジェストをJ's goalで見ることができます。
ポストに弾かれましたが、開始早々の小倉のロングシュート。
2点目の小倉から藤田、そして水越のゴールは見る価値があります。
当日は数多くの新潟サポが来場。その人数と応援に圧倒されました。
試合後に新潟サポから「次はJ1でやりましょう」と(社交辞令だと思いますけど)
声をかけられたことが思い出されます。まさか、こんなに早くJ1で対決できるとは!

今年は「4.8松本決戦!」です。
何故、「第2次平成の川中島合戦」ではないかを推察すると、
本当の川中島はもっと北の長野市。
そして長野市と松本市はなにかとライバル関係にある間柄。
松本市から意見があったのでしょうね。
全国的には「川中島ダービー」で定着しているようですが、、、

相手の新潟は、リーグ戦2勝1分3敗。勝ち点7で13位。
開幕戦で0-6と川崎に大敗するも、
FC東京に2-0、大宮に2-1と連勝。波に乗るかと思われましたが、
飯田磐田に0-2、C大阪に1-3と連敗。
前節広島戦は終了間際の不可解なPKにより追いつかれ1-1でした。
ナビスコ杯は清水と3-3で引き分けています。
7試合で得点8、失点15。守備が課題と思われます。

MFファビーニョが復帰するとの噂もありますが、
FWの要、エジミウソンが負傷し出場できないとのこと。
甲府としては攻めて勝つしかありません。
しっかりと勝ち点3をゲットしましょう。

アルウィンの天気予報は微妙なところですが、
前回の対戦でも試合開始時には雨が上がっていました。
晴れ男大木監督に期待します。

すでにS・A席は完売。ゴール裏にも多くのサポが詰め掛けると思われます。
越後勢に負けない熱い応援で返り討ちにしてくれましょう。
「馬引けぇい!」


P.S. いまだ謎に包まれているVFQですが、
極秘情報によると、その人数は14名とのこと。
ぷりこ諜報員ありがとう。
VFQについては引き続き情報を募集しております。
# | 2006/04/07 09:11 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
VFQに背番号を!
2006年04月04日 (火) | 編集 |
TVにも登場し、徐々に活躍の場を広げている、
ヴァンフォーレ・クイーン(以下VFQ)について書きます。

Ventスポの写真で見ると、12名のVFQがいるようですが、
残念なことに、公式webには、未だ正式発表や紹介が掲載されていません。

VFQの名前と顔が一致する人がいますか?(いたら、あなたは立派なVFQオタク)
スタジアムで拝見しても、皆さんお美しくて(ごりごり)、
誰が誰やらわからない状態です(おまえが真剣に見てないだけという意見は却下)。

噂では、おそろいのミニスカート(!)が完成したとも聞きますが、
まず必要なのは、VFQのお姉様方の区別がつくようにすることでは?

会員番号1~12でもいいんですが、サッカークラブなんですから、
ここはひとつVFQにも背番号を付けていただきたいです。

そうすれば2006年のVFQ番号いくつ、でサポの記憶に残ると思うんです。
社長!ぜひご検討を。


# | 2006/04/04 11:17 | VFK | Comment (2) Trackback (0) |
林健太郎選手応援サイト『はや☆めろ通信』 Reportを登録
2006年04月03日 (月) | 編集 |
林健太郎選手応援サイト『はや☆めろ通信』 Reportを登録しました。

管理人が見つけてきてblogばかりで、
自薦・他薦がないのが寂しいです。
J1探検隊の初体験
2006年04月03日 (月) | 編集 |
J1探検隊ヴァンフォーレ甲府は様々な初体験をしてます。

初体験その1:サテライトリーグ参戦!
以前にも書きましたが、サテライトリーグが始まりました。
富士北鹿公園での第1戦は、トップと同じく清水相手。
堀井選手はセレッソ戦に出ているのに出場して1得点。すごい体力です。
残念ながら2-3で破れましたが、0-3から2点とったようです。
簡単に失点する癖はトップチーム譲り?若手の活躍に期待しましょう。
現地リポートによると、寒い雨の降りしきる最悪のコンディションだったそうですが、
100名ほどのサポが応援に訪れたとのこと。清水サポも30名とか。お疲れ様でした。頭が下がります。

初体験その2:TV番組開始!
4月2日の日曜日午後4:55からヴァンスポが始まりました。
途中の県内ニュースがちょっと異質ですが、
テンション高いアナウンサー&スペシャルリポーターで
盛り上がってましたね。VFQも登場してましたが、
まだ活用しきれていないように思いました。
しかし、山梨県内で初のVFK関連番組ができたことは、
本当に素晴らしい。
番組へのメッセージも送れますから、どしどし感想・要望・希望を送りましょう。

初体験その3:ヴァンフォーレ甲府9位に!
第6節を終わって、2勝2分2敗、勝ち点8で、なんと9位です。
9位っていうのがいいですね。
どうしてかというと、J1は18チーム、
順位紹介のときは、普通9チームずつなんです。
でヴァンフォーレは1枚目(一番下ですけど)に名前があると。これは嬉しいですね。
残留を(めざしているわけではないけど)心配しない順位ですし。
これからも、1枚目を維持していってほしいところです。
(できたらもっと上に!)
# | 2006/04/03 21:38 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
vsC大阪 競り勝った!
2006年04月01日 (土) | 編集 |
連戦最後のセレッソ大阪戦。
ヴァンフォーレ甲府は長谷川太郎のリーグ戦初得点と
キャプテン倉貫のJ1初ゴール+1で見事勝利しました。
NHK BS-1で見て一人で盛り上がってました。

ナビスコ予選名古屋戦で今シーズン初ゴールを決めていた太郎君。
いい流れで、いい仕事をしてくれました。
これからゴール量産してくれ~。

倉貫キャプテン。1点目にもからむ大活躍。MOMです。
インタビューも冷静で感心しました。

今日はゴールがなかったバレー。さすがに疲れたか?
でも全ての得点に絡んだ動きをしてました。
バレーだけの攻撃陣ではないけど、バレーがいることで
周りがものすごく生きますね。

怪我から復帰のFW宇留野。前半にものすごく惜しいチャンスがあった。
あそこは決めてくれ~。
ドリブルで攻撃の起点を作ってましたね。
宇留野は欠かせません。

もちろん甲府のダイナモ「Mr.半袖」杉山新。
今日も右サイドを走り回っていました。

マエストロ林の安定感は相変わらず素晴らしいです。
攻撃にも何度かからみそうでしたが、連携がいま一つだったでしょうか。
このあたりは修正されればさらに攻撃の選択肢が増えると思われます。
後半はDFラインに入ってくれて安心できました。

あわや乱闘になりそうだったところを一人で収めた秋本君。
西澤とのマッチアップも頑張ってましたね。
去年からの成長は素晴らしい。

セレッソ見てての感想。
西澤うまい!あのポストプレーはすごいな~。
森島の決定的なシュートが入らなかったのが大きかった。
酒本はいいですね。やられっぱなしでした。
なぜ山田卓也をスタメンで使わないの?
# | 2006/04/01 23:14 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
「すぎっちゃんのひとりごと」を登録
2006年04月01日 (土) | 編集 |
さっそくメンテナンスです。

新たに、すぎっちゃんのひとりごとを登録しました。

要望がありました、ruudさんのblogを変更しました。
旧:ruud's roots
新:ruud's roots r1
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。