っていうかワシワシです
VFKを応援する謎のブログです
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | |
JBA事務所-甲府分室
2006年03月31日 (金) | 編集 |
JBA事務所でも書きましたが、
このたびJBAヴァンフォーレ甲府のメンテナンスを代行することになりました。

JBAヴァンフォーレ甲府への登録・変更・削除などの要望は従来どおり、
JBA BBS のヴァンフォーレ甲府のスレッドで承ります。
甲府系blogを募集しています。自薦・他薦を問いません。

メンテナンスの報告は、ここのblogの
「JBA事務所-甲府分室」のカテゴリーで行います。
登録・変更・削除以外の連絡は、このカテゴリーへのコメントでお願いします。

Kofu Blog Antennaはbackupとして平行して管理します。

それでは、引き続きJBAヴァンフォーレ甲府をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
明日はセレッソ大阪戦
2006年03月31日 (金) | 編集 |
明日は早くもJ1リーグ第6節。
長居へ乗り込んでセレッソ大阪との対戦です。

昨年、最後の最後まで首位だったC大阪。
今年は開幕ダッシュを狙っていたようですが、
第1節 名古屋に2-3で負けてから調子が狂い、
第2節 ガンバに1-6、
第3節 横浜に1-3、
第4節 浦和に0-3、
と良いところなく敗れ、開幕4連敗。
小林監督の解任も噂される状況でした。

第5節で新潟を3-1と破り、ほっと一息。
先日のナビスコ予選でも磐田を1-0と破っています。
4試合で15失点であった守備陣が、ここ2試合は1失点と
立ち直りチームの雰囲気もよくなっているようです。

新潟戦は
GK 吉田
DF 前田 ブルーノ 柳本
MF ピンゴ(76分山田) 下村 酒本 ゼ
FW 西澤 古橋 森島寛(89分河村)

ナビスコでは
GK 吉田
DF 前田 ブルーノ 柳本
MF ピンゴ(54分山田) 下村 酒本(89分河村) ゼ
FW 西澤 古橋 森島寛(85分徳重)
とほぼ同じメンバー。

C大阪の3バックvs甲府の3FW。
元ホンダ対決 古橋vs宇留野(怪我が治っていれば)
が楽しみです。
残念ながら応援には行けません。
BS1での中継にかじりつきます。

中2日の連戦となり選手達の疲労もピークだと思います。
怪我だけは避けてください。神様よろしく。
# | 2006/03/31 20:21 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
ナビスコ杯&代表戦
2006年03月30日 (木) | 編集 |
昨日のナビスコ杯Dグループ第1日。
甲府はアウェイで名古屋と対戦。
みごと3-1で勝利しました。

レポート、報道、実況などによると、甲府は前半
押されながらも太郎の今シーズン初ゴールで先制。
後半はやくにバレー・石原と得点し、名古屋の反撃を
ロスタイムの1点に抑えたようです。

ロスタイムの失点はいつもの甲府らしさがでていますが、
「内容が悪いときでも得点して、きっちり追加点を取って逃げ切る」
いつからこんなことができるチームになったの甲府?

DF陣の頑張りがよかったようで、阿部スーパーセーブ連発と聞きました。
最後はちょっと気が抜けたか?
林に替わり久々にボランチに入った奈須もよかったようです。
秋本の負傷が心配ですが池端が今シーズン初めて出場。
期待してます。

んで、今日は代表のエクアドル戦。
だるい試合でした。甲府の試合が面白いのを再確認。

唯一「プレイしていた」のは佐藤寿人。
やっぱりいい選手ですね。ハートがある。サポにはたまらん。
広島戦が楽しみです。
# | 2006/03/30 23:22 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
再び応援を語る---とにかく一度クルバに来てね
2006年03月28日 (火) | 編集 |
明日、水曜日はナビスコ杯予選リーグで名古屋戦@瑞穂。
4月1日がJ1第6節vsC大阪@長居。
4月8日はJ1第7節vs新潟で松本アルウィンです。

しばらくは小瀬で試合がありません。
次の小瀬での試合は4月12日のvs磐田飯田戦ですね。

さて、福岡戦後のゴール裏、微妙~な雰囲気でした。
あらためてここで甲府の応援について語ります。(ちょっと長いです)

私はゴール裏での「応援」に参加している一員です。
「応援」ですが、ここでは
「試合中に立ち上がって、はねて、声を出して選手を鼓舞すること」
と狭い意味で使っています。応援する=クルバに参加する、という意味合いです。

スポンサー、スタッフ、ボランティアなど、クラブをサポートしている方々が
多数いらっしゃることはわかっています。
クラブサポーターになり、あるいはチケットを購入して、試合を見にきている方々も、
クラブをサポートしている一員だと思っています。
全てのサポーターが狭い意味での「応援」に参加できないこともわかっていますし、
狭い意味での「応援」に参加しているものが偉いとか、参加していない人をだめだと非難しようとは思っていません。

ただ、現在の甲府のゴール裏を見ると、狭い意味での「応援」参加者が少ないことは事実です。
応援団が勧誘(あくまでも勧誘で強制ではないと思う)しても、
勧誘自体が煩わしく思われているようにみえます。

どうしたら狭い意味での「応援」に参加する人が増えるのか?
いろいろ考えて、まだクルバに参加していない人へのメッセージです。

現在の応援が暗くて楽しそうではない、という意見があります。
そのためにクルバに参加する人が少ないのだと。

確かにhinchasの応援スタイルはpopなものではありません。
(popな応援の例としては開幕戦の清水のイメージ)
アルゼンチンのボカの応援を参考にしている(と理解しています)応援は
どこか哀愁を帯びたメロディが多く、他のクラブのような
イケイケどんどん的なノリの良さは望めません。
歌詞もちょっと独特で簡単には覚えにくいかもしれません。

ですが、甲府の歌は一旦覚えてしまうとハマります。知らず知らずに口ずさんでいます。
応援の曲をネットで聴くこともできますし、
ホームでは歌詞が書かれたビラや応援CDを配布しています。
なにより一回クルバに参加してもらえば覚えられます。
そして、実際に歌って応援すると、この独特な曲がいいんです。
実際にクルバに参加した人は、勝利で共に喜び、敗北で共に悔しがります。
その充実した体験は(自己満足かもしれませんが)何ものにも代え難いものです。
「応援」は楽しいんです。

クルバにいる人たちが怖そう、という感想もあります。

タスキの中、最前列にそろっているhinchasとmafiaの皆さんは、
一見するとちょっと強面です。そして応援には熱いです。
タスキの中にいながら応援をさぼっている人には厳しいです。
言い方がきついときもあります。だから誤解されやすい。
排他的・独善的だという批判を受けることもありますが、
実際に話してみれば普通のいい人たちです。
甲府の応援を一番考えて、一番熱心にしているのは彼らです。
彼らのスタイルを理解してください。

体力的に90分間クルバには参加できない、という心配もあるでしょう。

確かに90分間、跳ねて・声を出して・旗を振るともうふらふらです。
翌日には筋肉痛です。肉体的にはきついです(特に負けたとき)。
(ダイエットにはいいんだけどね)
タスキの中、特に前側は高いレベルでの応援が求められます。
応援をさぼっていいとは言いません。ですが体力的につらい、という方は、
タスキの後ろ・外側・周辺で「自分ができる限りの力で」がんばりましょう。

このblogを読んでいるということは、ヴァンフォーレ甲府に関心があるということ。
関心があったら、甲府を勝たせたいと思いませんか?
大きな実力差は応援では埋まりません。でも実力の差があまりなかったら?
選手たちの気力が充実していたら勝てるチャンスがでてきます。
スタジアムにいるサポーターは選手たちを直接「応援」することができます。
勝たせたいと思ったら「応援」しましょうよ。

そしてどうせ「応援」するんだったら、みんなで集まりませんか。
クルバから離れたところで立ち上がったり声をだしたりしていても、選手には届きません。
タスキの中で(初めてだったら周辺で)集団で応援していくことが、
選手への大きなメッセージになります。

一人でも多くのサポーターの声を選手達に届けよう。
一人でも多くのサポーターがクルバに参加してくれることを期待します。
# | 2006/03/28 11:20 | VFK | Comment (2) Trackback (0) |
VFK blog antenna logo
2006年03月27日 (月) | 編集 |
ruud's rootsをお書きのruudさんからVFK blog antennaのlogoをいただきました。
やっぱり、こういうのは才能が必要なんですね。
リンクなどにご利用ください。
ruudさん、ありがとうございました。

KBAlogo01.jpg

KBAlogo01.jpg
Ganadorを離れて
2006年03月26日 (日) | 編集 |
ちょっと前の記事で応援団Ganadorの一員であると書き、
応援CDの配布などGanadorの活動も紹介してきましたが、
このたび一身上の理由からGanadorを脱退することにしました。

これまでどおり甲府の応援は続けます。クルバにも参加します。
Ganadorの活動にも協力することがあるかもしれませんが、
Ganadorとは別の個人として活動していきます。

このblogもGanadorの一員としてではなく、
普通の甲府クルバの一員として書き続けていくつもりです。
# | 2006/03/26 16:53 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
vs福岡 負けに等しい引き分けだが
2006年03月26日 (日) | 編集 |
連敗だけは避けたいJ1昇格クラブ同士の一戦。
甲府としては、なんとしても勝ちたいところだったが、、、、

けが人続出で福岡は攻撃陣が総入れ替え、なんて情報にちょっと期待していたら、
甲府もけが人続出。
藤田、杉山、宇留野に加えアライールまで出場できず。
DFラインがどうなるかと思ったら、
阿部
松田、秋本、ビジュ、山本
石原、林、倉貫
長谷川、バレー、大西
という布陣になりました。

山本が右SBに戻り、新人松田が左SBでJ1デビュー。
FWは右に大西が入りました。

前半は一方的な甲府のペース。
福岡は攻撃の形が作れず、楽勝かと思われたのですが、
甲府の得点はバレーの1点のみ。決定的なチャンスを外しまくり。
(いつものこととはいいながら、、、)
追加点がとれず、いや~なムードで後半へ。
メンバーチェンジして福岡は攻撃のリズムを作り、
前半飛ばし過ぎか、3連戦の疲れか、やや足が止まってきた甲府を圧倒。
ついには福岡左サイドからのセンターリングをきれいに決められてしまいました。
甲府右サイドの山本が上がっていて、ビジュがカバーしていたのですが、
そのカバーがちょっと遅れてしまいました。
その後、甲府にも惜しいチャンスがあったのですが、
やはり決定力のなさを露呈。そのままドローとなりました。

たしかにホームでのこの引き分けは負けに等しいと言えます。
だが、いくつか得るものはありました。

まず松田。クレバーなポジショニングで仕事をしていました。
フィードの精度は今ひとつと思いましたが、左SBをしばらく任せてよいのではないでしょうか。
右SBに戻った山本。左SBよりも安定していた印象。杉山が戻ったら悩むところです。
FWでは大西。ビッグチャンスを何回か作っていました。CKもまかされていましたが、今後に期待できそうです。
途中出場の山崎。惜しいチャンスがありました。豊富な運動量は健在で、FWの人数が不足気味なところ、復活は心強いです。

けが人が増えて苦しい状況ですが、サブのメンバーが活躍してくれたことは、
チームにとって大きいと思います。

5試合で勝ち点5。
残留のためには試合数=勝ち点と言われています。
その意味では、まずまずのペースで来ていると思います。
ナビスコ杯予選も始まり、ますます厳しい日程ですが、
J1探検はまだまだ続きます。
サポーターもこれからが応援しがいのあるところです。
がんばりましょう。
# | 2006/03/26 12:30 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
すぐに福岡戦だ
2006年03月24日 (金) | 編集 |
BS-Jのサッカーワイドで川崎戦が1番に取り上げられていて、
おおおJ1なのだなと再認識。
甲府の攻撃は誉められてましたね。

先日の鹿島戦で気になったこと。
いつもスルドを叩いているHさんが不在だったためか、
サブの方が叩いていたようですが、、、、
ちょっとずれていたり、遅かったり、、、
今ひとつ、応援に乗り切れませんでした。

やっぱりタイミングというかのりというか、
長年のHさんのスルドが素晴らしかったな~
という感想。

土曜日はすぐに福岡戦。
3連続引き分けのあと第4節はホームで名古屋に0-1と
完封されています。
福岡、連敗は痛すぎます。必死でくるでしょう。
甲府も連敗だけは避けなければなりません。

J1昇格同士、どちらも負けられない戦いです。
18:00のキックオフ。初のナイターです。
まだ寒いと思われます。
(負けているとき用に停電の準備もできたかな?)

# | 2006/03/24 07:36 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
vs鹿島 完敗
2006年03月22日 (水) | 編集 |
鹿島スタジアムまで行ってまいりました。
探検隊の一員としては、ヒジョーに疲れた1日でした。

以下雑感。
・とにかく遠かった。
・スタジアムは美しかった。
・スタジアムの外で食べたモツ鍋、焼そば、焼き鳥は美味しかった。
・鹿島サポ多かった。甲府サポもけっこう来ていた。
・オーロラビジョンが小瀬にも欲しくなった。
・鹿島サポの歌長過ぎ。ビッグフラッグが何枚もあった。
・だてに日本代表に選ばれているのではないことがよく分かった。
・本山、小笠原うますぎ。ボールコントロール素晴らしかった。
・柳沢はちょっと不調だったかも。
・前半、甲府は自分達のサッカーができなかった。
・名前負けしたのか、緊張したのか、、、
・宇留野がいなかったのが大きかった印象。
・復帰した藤田がまだ完全にフィットしていなかった。
・藤田のところでボールが動かなくなっていた。
・甲府のめざすテンポよい攻撃にはならなかった。
・17歳の内田君、素直で好感が持てた。
・アレックスミネイロの決定力はすごい。
・藤田がフィットしてきた後半は甲府のサッカーができてきた。
・しかしバレーは外れの日だった。
・2ー1で追い上げたあとの、3点目がすごかった。
・残念だったが、負けてもしかたないと思われる内容だった。
・鹿島線は本数少なすぎ。16:07に乗り遅れたら1時間待ちだった。
・鹿島神宮駅って回りになにもなかった。
・鹿島からの帰りは東京直行バスがよかったかもしれない。

ちょっと実力の差を感じた鹿島戦でした。
次だ次!切り替えて福岡戦!
# | 2006/03/22 22:26 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
明日は鹿島戦
2006年03月20日 (月) | 編集 |
明日はJリーグ第4節。強豪鹿島アントラーズとの一戦です。
家族で鹿島スタジアムまで遠征することになりました。
JRで行くんですけど結構遠いですね。
甲府の応援ツアーが6時30分発というのもわかります。

さて、鹿島ですが、ご存じのとおりのビッグクラブ。
Jリーグ優勝、ナビスコ杯優勝、天皇杯優勝、、数えたけど途中で諦めました。
TVでサッカーの試合というと、鹿島が出ていた記憶が多いです。

選手もすごい。
柳沢、小笠原、本山、、、日本代表選手が出てくるんです。
(「おいおい、いいのか甲府がこんなチームと試合して」
みたいに感じてしまう私はJ2生活が長かったから。)
J1探検隊、甲府には勝ち目はないでしょうか?

冷静に見てみると、鹿島は開幕戦は復帰した柳沢のハットトリックで広島を4ー3で下したものの、
第2節はホームで横浜に0ー3と完敗。
第3節は後半早々に10人となった名古屋に引分。
(玉田のPKを止めてなければ負けていたかも)
と、決して好調とはいえません。
今年から指揮をとるパウロ・アウトゥオリ新監督の戦術に戸惑っているのか、
守備/攻撃とも不安定な印象です。

一方の甲府ですが、川崎戦で負傷した太郎、宇留野が心配です。
太郎の位置に保坂、宇留野に替わって堀井でしょうか。
どうなるにせよ攻撃陣が手薄になりつつあります
ただ、これまで故障のためベンチ入りすらできなかった藤田が復帰するかもしれません。
本当ならば観戦にくるというジーコの前で藤田の実力を披露してほしいですね。
好調なバレーは厳しくマークされると思われます。
左右のFWのできが重要になるでしょう。

ビジュが戻ってきますが、川崎の攻撃を完封した守備陣は、
そのままでいくのではないでしょうか。
秋本には期待しています。

いずれにせよ甲府としては、いつもどおり自分達のサッカーを貫くだけです。

当日券もまだ(かなり)あるようです。
一人でも多くの甲府サポで選手達の後押しをしましょう。
では、鹿島スタジアムのアウェイゴール裏で。

# | 2006/03/20 21:19 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
vs川崎 J1初勝利!
2006年03月18日 (土) | 編集 |
こんなにも早く「初勝利!」のタイトルが付けられるとは思っていませんでした。
記念すべきJ1での初勝利。本当にありがとう&おめでとう!

1,2節と圧倒的な得点力を見せていた川崎に対して、
CBビジュ(人に強く川崎にも通用すると期待されていた)を欠いた甲府が、
どう対応するかがポイントでした。

エルゴラにもありましたが、甲府は「攻めて守る」を徹底させましたね。
特に、甲府の右FWの宇留野と右SBの杉山。
2人で右サイドを切り裂いて攻めることで、
川崎の攻撃の中心、左MFマルコン(これまで1得点3アシスト)を
自陣に留まらせていたのが大きかった。
マルコンからの展開を欠いた川崎には爆発的な攻撃力はありませんでした。

また、ビジュに替わったCB秋本。
ジュニーニョに仕事をさせませんでした。
「秋本の中の人が違う」と思わせるほどの完璧なできでした。

ボランチの林も素晴らしかった。
ボールを落ち着かせ、攻撃の起点となるとともに、
最終ラインまで戻っての的確なディフェンス。
林がいなかったら甲府の守備はどうなっていたのかと
心配してしまいます。

GK阿部もマルコンの難しいFKを止め、久々の完封。
千葉戦からの好調が維持されてましたね。

甲府のテンポのよいパス回し&サイドチェンジ。
FW3+MF2の流動性に富んだ攻撃は、まさに
「エンターテイメント」でした。
大木監督がいつも目指している「プレイすること」を
しっかりと見せてもらいました。

この甲府のサッカーは、BSでの中継で甲府を初めて見た、
という方々にも感動を与えたのではないかと思います。

いけますよ。J1探検隊。
次は中2日の厳しい日程で、鹿島とだけど、
恐れるもの・失うものはなにもありません。
今日のような「甲府のサッカー」をやりましょう。
# | 2006/03/18 23:56 | VFK | Comment (2) Trackback (0) |
VFK応援CDをゲットせよ!
2006年03月15日 (水) | 編集 |
さて、3月?8日土曜日は絶好調、川崎を小瀬に迎えての大一番。
千葉と引き分けたことで評価が上がった甲府の実力が試される試合となりました。
初のBSでの中継もあるようで、とにかく注目の一戦です。

我々サポーターとしては、ゴール裏に集まってクルバに参加して
選手達の後押しをするだけです。

クルバに参加したいけど、今年はいくつか新曲もあってよく分らないという方に、
お知らせです。

Ganadorでは新曲を含む2006年版のVFK応援CDを作成いたしました。

3月18日、試合前にゴール裏で希望者にお一人様1枚、先着順で200枚配付いたします。GanadorのTシャツを着ているメンバーにお申し出ください。

このblogを読んでいて、応援CDが欲しいという方は、このentryにコメントしてください。
枚数確保します。当日、ワシワシのblogで予約したとお申し出ください。

(内容はhinchasのpageで聴くことができるんだけどね)
# | 2006/03/15 17:24 | VFK | Comment (2) Trackback (0) |
vs千葉 勝ち点1
2006年03月12日 (日) | 編集 |
千葉戦、録画で見た雑感。

・0-2からよく追いついた。
・終了直後、大木監督が怒っていたのは?
・記念すべきJ1初勝ち点、おめでとう&ありがとう。
・岳也、復帰後の初得点が甲府のJ1初得点、おめでとう。
開幕戦でも惜しいシーンがあったが、今後も期待。
・バレー、この調子でいってくれ。あのヘッドはすごかった。
・太郎、得点の起点になっている動きはすばらしい。(あとは自分で決めよう)
・阿部、PK惜しかった。かなり止めてたね。
・ヤシケン、やっぱり安定していますね。ボランチはまかせました。
・ビジュ、ちょっと熱くなったのは問題。あの退場がなければ勝ち越すチャンスもあったかも。
・甲府サポ、声がよく聞こえてました。千葉サポに負けてなかったよ。
・千葉サポ、横断幕での歓迎ありがとう。J1でのライバルとしてやっていけたらいいな。

次はホームで新潟・京都を虐殺した川崎との戦い。
ビジュを欠くDFはどうなるのか?
川崎の驚異的な攻撃陣を抑えることはできるのか?
(君は生き延びることができるか?! みたいな、、、)

# | 2006/03/12 16:23 | VFK | Comment (2) Trackback (0) |
クルバCurvaとは
2006年03月10日 (金) | 編集 |
勝利blogでの応援論。読み応えがある。
これ以外のところでも甲府の応援についての論議がなされている。
J1開幕戦は甲府の応援にとっての黒船となったのだろうか?

これまで甲府の応援に参加されていた人たちが、
J1清水の応援を見て感じて、危機感をもったのではないかと思う。
(浦和とか来たらどうなるのか、、、と)
私も危機感を持った一人である。

さて、今日のNHK総合TVで
「おはよう日本」市民で支えるヴァンフォーレ甲府
という番組があった。

8年間ボランティアスタッフとして参加されている方、
ホームゲーム運営の裏方さん方、
前回のやべっちTVでも登場したクリーニング屋さん、
歯科検診をされている歯医者さん、
など、ヴァンフォーレ甲府を支える人々が紹介された。

これ以外にも驚くほど多くの職種・お店・個人の方々が、
チームを支えてくれている。
この方々は紛れもなく「サポーター」である。
財政規模が限られた、今のヴァンフォーレ甲府にはなくてはならない存在だ。

彼ら裏でクラブをサポートする存在に加えて、車の両輪として、
もう一つヴァンフォーレ甲府に不可欠なのは
「スタジアムで選手と共に戦うサポーター」だ。

この意味でのサポーターを「クルバCurva」と呼ぶ。
(まあいろいろ意見はあると思うが、ここでは
 原則ゴール裏で立ち上がって跳ねて声を出して応援している人々をクルバと総称する)

クルバとはイタリア語で「角・カーブ」。
もともとは、スタジアムで熱狂的なサポーターが集結する場所
を意味している。

ここクルバで何をしているのかは、ちょっと古くなっているが、
Curva TVを見て欲しい。
特に仙台・鹿島・横浜などのホームでの応援風景。

ブロードバンドで快適ならば
浦動で(おそらく日本一あるいは世界一?素晴らしい)
浦和応援を見てもらいたい。
(こんなサポーターたちが小瀬に来るんだよ!!)

現在の甲府のクルバには、いくつかの団体がある。
長年、クルバを支えてきたhinchas(hは発音しないでインチャスと読む)とMAFIA AZUL(下の人物をクリック)。
ビッグフラッグを管理・運営するUnirユニールや、大きな旗を振るフラッグチーム甲州旗刃隊などだ。
さらに、昨年は新しい応援団としてGanadorガナドールが加わった。
(私もメンバーの一人です)

しかし甲府のクルバに集まっている人たちは、
どの団体にも所属しない一般の方々が大多数だ。
普通の家族連れが普通にクルバに参加している。
けっこうなお年の方もいる(自分のことは言えないが)。

クルバは特別なところではない。
クルバ参加者は特別な人たちではない。
ヴァンフォーレ甲府を「勝たせたい」と思う普通の人たちだ。
クルバに参加するのに、特別な条件はない。
必要なのは、選手と共に90分間戦おうという気持ちだけだ。

一人でも多くのサポーターに、クルバへの参加をお願いしたい。

ゴール裏で応援できるのは限られたメンバーだ。
(ボランティアスタッフの方々は観戦することすらできない)
全ての甲府を支える「サポーター」の代表として
誇りをもって選手とともに戦っていこう。
# | 2006/03/10 12:40 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
応援について
2006年03月07日 (火) | 編集 |
開幕戦で感じた応援について、なにか書かなければと思っていたら、
勝利blogが、まさに「これだ!」という記事でした。

2chやYahoo掲示板で甲府の応援について、文句を言っているひとたちには、
是非、この記事を読んでもらいたい。

誰のため、何のための応援なのか、今一度考えよう。
サポーターが楽しく応援するのが目的ではないだろう。

今の甲府には一人でも多くのサポーターの応援が必要だ。
はじめはとっつきにくいかもしれない。怖そうに見えるかもしれない。
でも、勇気をもって参加してほしい。
とっつきにくさや怖さが誤解であることがわかると思う。

ゴール裏はピッチからは物理的には遠いかもしれなが、
選手との気持ちの距離は一番近いところだ。

「全ては甲府のために、共に戦い共に笑おう」
# | 2006/03/07 20:44 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
悔しいな~
2006年03月07日 (火) | 編集 |
開幕戦、清水との戦い。

どこのレポートを読んでも、負けたとはいえ甲府のには好評価。
それだけに、悔しい。

録画していたものを見直すと、けっこう惜しいシュートがある。
清水のDFは素晴らしく、GKは神がかっていた。
それだけに、悔しい。

日が経つにつれ悔しさが増してくる。

スタートで調子が出ないのはいつものことだが、
いい試合をしていただけじゃ駄目なんだ。
とにかく、初得点そして初勝利を。

いくつも修正点はあると思う。
セットプレーからの得点の予感がしないのはなんとかしたい。
特にCK。藤田がいないからとはいえ、ちょっと悲しい。

ないものねだりばかりになってしまうが、
流れを変えられるスーパーサブ須藤の不在も痛い。

ああ、この悔しさだけであと4日も過ごすのか、、、
# | 2006/03/07 11:32 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
J1開幕戦 vs清水 完敗
2006年03月05日 (日) | 編集 |
FC東京とのPSMで感じた不安が現実化した。

よい形をつくるが最後が決められない。
攻めさせられていて、カウンター気味に個人技で失点。

1点目は宇留野がオフピッチという状況ではあったが、
素早いロングボールにDFが対応できなかった。
2点目もカウンター気味。マークが甘くなって
枝村にシュートを許した時点でだめだった。

ビジュ・林はPSM同様よくやっていた。
宇留野も左右でよくがんばっていた。FKも惜しかった。
バレー・長谷川がいま一つだろうか。
堀井、最後のあのシュートはヘディングだろう。orz。
健太、どこへいっていたんだ。最初から石原だな次は。

いかんせん藤田の穴が大きすぎです。
(応援についてはいずれまた)
# | 2006/03/05 20:40 | VFK | Comment (3) Trackback (0) |
いよいよ開幕戦 J1への船出
2006年03月04日 (土) | 編集 |
いよいよ明日、開幕戦。

うわさではVentforet Queenもお目見えとか。
(マスコットは間にあいませんでしたね)

天気はよさそうです。
シート張りは禁止されたようで、出足が早まることが予想されます。

ウェアOK。
ゲートフラッグOK。
マフラーOK。
準備はOK。

満員の小瀬でのJ1への船出。
こんなワクワクは甲府サポだけに与えられた特権ですね。

縁起物を貼っておきましょう。

┏━━┓
┃掠疾┃   開幕戦にいざ出陣!
┃如如┃  
┃火風┃   御旗楯無、御照覧あれ!!
┃不徐┃
┃動如┃
┃如林┃
┃山侵┃
┣━━┛



# | 2006/03/04 20:04 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
イヤーブックを読んで泣け
2006年03月03日 (金) | 編集 |
ヴァンフォーレプラザでイヤーブックを買ってきました。
VFKサポなら前半で3回は泣けます。
また選手達の写真がカッコよすぎます(除く某選手)。

開幕戦まであと2日。
イヤーブックを読んでテンションあげていきましょう。
(3人の鼎談も面白かったな)

明日はレプリカユニフォーム発売だ!
# | 2006/03/03 19:07 | VFK | Comment (0) Trackback (0) |
開幕3日前
2006年03月02日 (木) | 編集 |
いよいよ開幕まであと3日。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
こちらでは、ゲートフラッグ・旗の準備に忙しい毎日です。

昇格記念DVDも(やっと)きました。
ほんとにギリギリのところで昇格したんだな、と再確認。
バレーの男泣きにまたまた貰い泣きしてしまいました。
2005シーズン全ゴール集も必見です。
藤田の職人芸や小倉のおすわりFK、
須藤の奇跡の逆転ゴールなどなど見所満載です。
何気に長谷川が大事なところで大事な点を決めていることに
あらためて気が付きました。

昇格記念グッズはいろいろ発売されているようですが、
正直、あのタオルマフラーはいただけない。
青赤基調でいいじゃないですか。なんで半分エスパルス?
(ぶーぶー)
J1 First Match Tシャツも青が基調じゃないし、、、
デザインちょっとまずくないですか?
(ぶーぶー)

まあ、それはおいておいて、、
やっとというか遂にというか、開幕戦の前売りが完売したようです。
(少なくともチケットぴあでは)
なんでバックスタンドの改修が間に合ってないんだ!
(これで2000人は減)というもっともな突っ込みは
当然ですが、小瀬満員です!

今からなんとかして開幕戦に参戦したいという君。
クラブサポーターGHに加入してください。
(Aもまだ大丈夫なようだが、ここはGHでしょう)
天気もなんとかもちそうだし、記念すべきJ1での第1戦。
一人でも多くのサポーターの声で勝利をもたらそう。

そうそう、新しい応援ソングも発表されているので、
こっそり練習しておきましょう。
# | 2006/03/02 21:38 | VFK | Comment (1) Trackback (0) |
| Top |
2005 Powered By FC2 allrights reserved.
template by Sun&Moon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。